発売日 2014年03月15日(土)

這いよれ!ニャル子さん 12

著者名:逢空万太(著者) 狐印(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-7424-7
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・狐印

Twitter

  • まひろさんルート完

    5.0
    やみもり

    最後はお赤飯ですね。と書くとネタバレになるんでしょうか。でも事件は続きます。

  • 5.0
    ムームー

    ホント面白い話でした。初めてみた時、なんですぐにアニメ化しないんだろうとか思った位です。この巻で終わってしまう訳ですが正直。ついに食われたか。ていう感じです。これからも変わらずあの調子で続いていくのだろうという幕引きも良かったです。終わってしまうのは残念ですが、こんなラストならいいかもですね。

  • とても良かった。

    5.0
    東天紅

    這いよれ!ニャル子さんラブクラフトのファンとして、楽しめる本です。

すべての11レビューを表示

  • 謡遥@ぼっち党員

    珠緒さんはあっちのカップルも応援してんのか。駄ルキリーに幸あれ(笑)。まあ事後は最近よくあるのでいいかなーと(チョットマテ ネタについてはもうないですいうことが。話の収束、なんてものは求めるべきではないのですが、大変楽しませてもらいました。ありがとうございます。できればヴァルキリーの方に今後の進展を見せてもらえないかなーとか思ったり。珠緒さんあっちで準レギュラーにならないかしら。 続きを読む

  • T.Y.

    デート、そしてニャル子の記憶喪失といった事態を経て、真尋がニャル子への気持ちに向き合い、関係に決着をつける完結篇。完結は予想外だったが、つまるところ二人の物語という作品の軸は揺るがず、もちろん、極力単純化したストーリーと下らないオチも健在。ライダーネタに要所でディケイドが多かったのも(放送時期的に)原点回帰という意味でちょうどいい感じ。決め台詞の使い方もよく嵌まっていた。鎧武ネタの使い方は概ね期待通り。でも二本目の劇場版的な後日譚をやってもいいんですよ? 続きを読む

  • Yobata

    珠緒から告白され、ついに自分の気持ちについて考えなくてはいけなくなった真尋。意を決し珠緒のアドバイスでニャル子とデートすることになり、思いの外楽しい時間わ過ごせた真尋は自分の気持ちを偽れなくなる。そんな時、惑星保護機構から離脱したニャル子の同僚の襲撃にあい、なんとニャル子の記憶を失くなる…?完結しちゃいましたね…。というかこれ一ヶ月の物語だったんだw体感時間長すぎw今回は珠緒の告白,そしてその助言によって自分も流されがちで考えてこなかった自分の気持ちを考えて結論を出さなければいけなくなった真尋。ついに→ 続きを読む

すべてのレビューを読む