発売日 2016年01月15日(金)

出番ですよ! カグヤさま 2

著者名:逢空万太(著者) パルプピロシ(イラスト)

¥620 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8557-1
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・パルプピロシ

第1回GA文庫大賞で優秀賞を受賞し、「這いよれ!ニャル子さん」でデビュー。

Twitter

この本のレビュー

  • Yobata

    月からの暗殺者に追われる日々を送っていた結太にカグヤ。そこに暗殺者を送り込んでいた少女がカグヤの前に現れる。彼女はサクヤ・X・ハインライン,カグヤの妹で、「黒科学」と対をなす「白理力」を使いサクヤを狙う…。サクヤ登場。白理力というナノマシンの力でカグヤを狙う姉とは違ってちゃんとした子と思いきや、姉妹は姉妹だったね。姉カグヤは性欲全開だけど、妹サクヤは食欲全開キャラだし、ノリも意外と似てた。これからどんどんギャグに染まっていくんだろうなw今回もカグヤはしょうもないギャグ連発でこのニャル子さん的軽さが→ 続きを読む

  • 水無月冬弥

    逢空万太先生(@aisoramanta)の #ラノベ 妹登場! 腹ペコ&チョロイン属性でしたね。姉妹対決で派手さはあるものの、殺伐とした空気ではなかったのでよかったかな? 巻き込まれた結太は災難以外の何者でもないけど(笑) しかし、お母さん強すぎ&レグギオネータ変態過ぎます(笑) 続きを読む

  • 王蠱

    姉妹喧嘩、あるいは無慈悲なるリンチ(一方通行)。今日も今日とて物騒な暗殺者達を素敵に葬るカグヤの許に現れたのは彼女の妹にして政敵 サクヤ。黒科学と対をなす技術を操る彼女の目的とは……やっぱりこの作品最大のラスボスはカグヤでもう間違いねぇですわw前巻で分かり切ってたことたが、今回は身内にしでかした数々の悪行まで赤裸々に明かされもう擁護する気にもなれん(苦笑)それでいて恋する乙女の一途さや健気さも全力なもんだからヒロインとしての純粋な好感度は高いんだよなぁ。据え膳食わぬは何とやら、という言葉を結太には送りたい 続きを読む