発売日 2015年02月14日(土)

勇者が魔王を倒してくれない

著者名:逢空万太(著者) nauribon(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8047-7
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・nauribon

「這いよれ! ニャル子さん」でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。
代表作「這いよれ! ニャル子さん」はアニメ、コミック等でも展開。
他「深山さんちのベルテイン」「ヴァルキリーワークス」などを執筆。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 逢空万太先生ファンブック

    2.0
    さいたまにすと

    この本は逢空万太先生のTwitterをフォローしている人にしかお勧めできません。ひたすら万太先生の分身みたいなやつが出張ってきます。表紙イラストの左上の白いオニイトマキエイがそれです。内容も、小説家になろうでよくある異世界転生ものをわざと劣化させてパロディを振りかけた、の一文で済みます。出版にゴーサインを出した担当編集をデコピンしたくなりました。

  • 2.0
    さんさいおこわ

    最後まで読むのが大変でした。同じことの繰り返しでだるい。魔王の神へのツッコミはハイテンションなんだけど、何度も何度も何度も繰り返されてあっと言う間に食傷気味に。勇者が痴女る→魔王慌てる→神にちゃかされる→魔王神を凹る、も何度も何度も何度も。せっかく度々履いてないのに勿体無い・・・

  • 嫌いじゃない

    4.0
    Amazon カスタマー

    ウェブでの連載の時から読んでました。マンタファンとして、本に纏められたことは嬉しいけど、スマホやタブレットで読んだほうが作品の持つゲーム的な世界観に入りやすいと思う。頭から通してがっつり読むより、ちょっとした移動時間に開いたページからパラパラと読むのに最適。あとユーシャかわいい。

すべての5レビューを表示

  • T.Y.

    宗方閑也は異世界ラ=マンタに召喚され、魔王の役割を押し付けられる。勇者に倒されねば元の世界に帰れないのだが、当の勇者は弱い上にいきなり「責任取って結婚して」と迫る知性1の色ボケ娘で…。元凶たるこの世界の神=作者(白いエイ)にツッコミを入れるメタコメディ(楽屋オチと思わせて外す所もあるが)。ヒロインもチョロ過ぎて残念とは新感覚だがそれで可愛いから流石。ライダーネタも安定、とりわけファンタジーとウィザードの相性の良さに感心。イラストの使い方も良かったが意外にサービス少なめかな。続きは…あるなら楽しみ。 続きを読む

  • わたー

    ★★★★☆遂に本人が作中に登場してる!!逢空万太先生の新作は勇者と魔王モノの亜種。作中で自虐ってるが、明らかに旬を逃したチョイスで大丈夫かと思ったが、ポストニャル子枠のようで、ライダーのパロあり、自作のパロあり、果てには別レーベルの作品のパロもあったりと盛りだくさんだった。とにかくユー子可愛い。また、作中のナマモノがウザ過ぎるので、万太先生の好感度がガンガン下がるオマケ付き。パリィのイラストが秀逸で、ドストライクだったので星プラス1。あと、新作もいいけど、ヴァルワの新刊を是非。 続きを読む

  • 真白優樹

    謎の神に神様が作成した異世界に魔王として召喚された少年がアホの子の少女と繰り広げる冒険と笑いの物語。・・・とりあえず某戦乙女の方はどうなったのかしら。いやまあこのレーベルは二年くらい新刊が出なかった例もあるが・・・それはともかく雰囲気や物語としては大体この作者さんの独特の雰囲気そのままでありこの作者さんの作品が好きであれば楽しめるのではないかと思う。特に今回は神様が出てくることもあり世界関係のメタなネタがシュールである。何はともあれ結構笑えて面白い。 ぜひとも次巻があってほしい。次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む