発売日 2014年03月15日(土)

這いよれ!ニャル子さん 12 ドラマCD付き限定特装版

著者名:逢空万太(著者) 狐印(イラスト)

¥1,800 (税別)

ISBN:
978-4-7973-7559-6
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
ドラマCD

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢空万太

イラスト・狐印

この本のレビュー

  • Yobata

    通常版読了済なので再読。こちらにはドラマCDの感想をwセラエノ図書館主催の『青春銀河大大大花火大会』へ参加することになった真尋たちは無事花火大会を過ごせるのか?本編で真尋が一瞬頭によぎったエピソードの話。それに伴って特装版のニャル子の表紙は浴衣。なかなか銀髪に映えていい感じだねwパロメタネタはこの作品には基本だがアト子や番神のCVネタは笑ったwドラマCDらしくフルキャスト登場の内容で安定した各キャラのノリだったw 続きを読む

  • T.Y.

    本編の感想は通常版に書いたのでこちらはドラマCDの感想を。セラエノで開催される花火大会を観に行くニャル子達。いつも通りのノリの騒ぎっぷり。結構なボリュームで、ルーヒー・クー音・アト子・ノーデンスも登場して、ある意味最後のお祭りに相応しいオールスターだったかな。アト子の新声優も概ねイメージを外してないし。媒体が媒体だけに声優ネタも欠かさない。それと、本編にもあったけどささみさんネタ。いつか来ると信じてた。 続きを読む

  • 尚侍

    とっても面白かった。最後の最後までいつものニャル子らしく締まったこと自体は良かったと思いますが、個人的には「拡散の果ての惰性」でもいいからもっとずっと読んでいたかったなという気持ちが強いので、ハッピーエンドであったことを喜びつつ、ここで終わらずにもっと続いてくれればよかったのにという複雑な気持ちです。まあアニメも好評で二期放映されたことで、作者的にもやり尽くした結果であろうことはわかるんですけど、限られたキャラを上手に利用しつつ毎回ネタ満載で本当に好きな作品だったので、終わってしまってとても残念です。 続きを読む