発売日 2013年10月15日(火)

放課後四重奏 3

著者名:高木幸一(著者) ぜろきち(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-7549-7
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高木幸一

イラスト・ぜろきち

Twitter

Unable to load Tweets

  • オススメです

    5.0
    tt9

    名作といっていいでしょう。内容も破綻がないし。オススメです。

  • 4.0
    RS

     2巻を読んだ時に次で終わりなのは予測出来ましたが、やっぱりちょっと残念です。こういう真っ直ぐな青春ラブコメは最近少ないので、もったいない気持ちです。設定的にも相談者をゲスト的に出すことで、もっと話を続けられたと思うのですが、なんか最短距離で終わってしまったなという感じです。とはいえ、作風もキャラもとても好みなので次回作も期待しています。 ...しかし最近のGAのみならずラノベ業界は、再びファンタジーものが幅を利かせてきていてあまり面白くないです。日本のファンタジーものはTVゲーム的で(起源からすると仕方ないのでしょうが)、ファンタジーなんだから何でもありだろという考えが一般的なので好きではないのです。なんか関係ない愚痴になりましたが、こういう作品をなくさないために青春ラブコメが好きな人は読んでみてください。

  • 祝、灰堂&誰かさん。ビューティフルハッピーエンディング

    5.0
    アイダホ

    3部作はここにエンディングを迎えます。4人娘:心月に詩織に深樹プラス早樹といっしょに同好会SL会に来る相談者たちを捌いてあわただしい時間を送る中で、両親を失ってからの自分の境遇で心を凍らせてきた灰堂青にも温かい想いが育ってきました。担任でありSL会顧問の三枝先生もしっかり灰堂を見てナビゲートしているので、まちがいはないと思いますが、のっけから皆で西京寺への2泊3日の旅行とは、読んでいる方もドキドキです。一人ずつと子どもの頃の思い出も含めゆっくり話していると、彼女たちの想いがはっきりしてくるのと同時に、灰堂自身の特別な想いも心の中にだんだん浮かび上がってくる。旅行も終わってバレンタインデーになり、全員ヒートアップ。そんな中、灰堂はやっと自覚した想いをうまく言葉にできず、SL会は大混乱。「俺は、ガキのままで、受け身で甘えていた」と反省する灰堂は、いつものようにSL会の面々からいろいろ貰いながらも、今度こそ自分の方から、特別と思うようになった人に真っ直ぐ向かいます。想いは繋がるか? 他の娘たちは納得するか?これまでを振り返っても、実は本命は彼女しかいなかったはず。変に外さず、その通りに収めていただいたことについては著者に感謝です。これまで2巻の良さを裏切らないで、不潔なハーレムエンドではなく、きっちり決着をつけた上でのビューティフルハッピーエンドを成立させたのは、メンバーたちの他人を貶めない高潔さ、打算の無い純粋な想い、そしてその素直なぶつけあいでしたね。楽しみながら出版を待って、時間をかけて読んだ小説が、やっぱり期待を裏切らず、こんな風に読者を幸せな気分にしてくれるのは、本当にありがたい。明日も生きていく元気が沸いてきます。人間不信から脱却した灰堂&誰かさんのカップルを中心に、たっぷりの喜びにちょっぴりの悲しみも混ぜつつ、SL会は決して落ち着くことなく今年も続いていくようですが、小説の方は読者をほっと温かく落ち着けたところで残念ながら完のようです。パチパチパチ。

すべての5レビューを表示

  • むらびとβ

    ★★★☆☆ 前作然り、本作然り、高木幸一は、ラノベに私が求める架空の青春を、弛みない心理描写を用いて的確に描ききってくれている。読者に補完を促す、物語の細部に対する物足りなさこそ感じたものの、無闇に発刊を重ねずに幕を引く潔さは私にとっては好印象なものであった。加えて、とらドラ!然り、俺ガイル然り、そして、本作然り、良い意味で年を重ねた「若い」教師の登場する物語に、ハズレの作品は少ないように思う。ヘチな方向を指針としない、「真っ直ぐ」な恋愛小説を次作にも期待したい。 続きを読む

  • アツシ@疾風(仮)

    完結。主人公が恋人として一人を選んだことは評価できますが…最終巻にしてかなり失速した感じが否めません。どいつもこいつも面倒くさい奴らばかり。『好き』のバーゲンセールかと。あれだけ何回も『好き』と言ってたら,その言葉の価値が下がるんじゃないでしょうか。1,2巻は面白かったのに,非常に残念。まあ前作『俺はまだ恋に落ちていない』よりは大分面白かったですが,次回作は買うかどうかちょっとわかりません。 続きを読む

  • まりも

    予想通りの結末に行き着いたなといった印象。最初から出来レースみたいなものだったので少しは波乱を起こす展開があっても良かったと思います。まぁ3巻だとこの辺がうまく纏めるための最善なのかなとは思いますが。今回恋人となったヒロインは他の娘と比べるとすごく印象が薄いんだよなぁ。その割にめんどくさいし。詩織が好きだったので今回の頑張りは良かった。無難すぎる作品だってので次回作はもう少し個性がほしいですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む