発売日 2015年08月26日(水)

暗号技術入門 第3版
秘密の国のアリス

著者名:結城 浩(著者)

¥3,000 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8222-8
サイズ:
A5/1色
ページ数:
480
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城 浩

Twitter

Unable to load Tweets

  • 非常に読みづらい(kindleペーパーホワイト)

    1.0
    takahashiA

    ※書籍の内容に関するレビューではありません。kindle版はただのPDFなので、文字フォントの調節ができません。購入後、kindleペーパーホワイトで読もうと思いましたが、文字が薄い&小さくてとても読めたものではありませんでした。

  • 4.0
    WSH

    情報セキュリティスペシャリストの補助教材として読む方が多いようですね。個人的には、補助という感じではなく、こちらの書籍のほうがずっと詳しく、ずっと深い内容を語っていると思います。暗号化の歴史からわかるので、試験用の書籍としてではなく、技術の読み物として良いかと。初心者には難しい内容です。

  • 読みやすい

    5.0
    豆人

    図を用いて分かりやすい解説、初心者でも本質が分かるように書かれている。章末のクイズ(練習問題)で知識の確認ができる。暗号化のモードについても詳しく、具体的に解説してあるのが良いです。オススメです。

すべての30レビューを表示

  • イワトコナマズ

    暗号の中でも特に通信技術に使われているものを中心に説明されています。暗号の歴史よりも、暗号の仕組みについて詳しく書かれています。概要を説明した後に、具体例が示されていて理解しやすかったです。 続きを読む

  • HANA

    タイトル通り暗号技術について図や例を多く使用し分かりやすく説明されている入門書。入りとしてかなり良い本だと思う。また今回からビットコインや量子暗号等新しいキーワードについても説明があり結構勉強になった。個人的には証明書の部分が一番ためになった。 続きを読む

  • fred5963

    暗号化アルゴリズム、特にブロック暗号について少しだけ理解が深まった。暗号化メールソフトPretty Good Privacy(PGP)についても、漸く鍵生成とその交換、公開鍵のユーザー認証の仕組みが理解できた。基本技術を丁寧に説明しているので他の文献を読む際のリファレンスとしても重宝しそうだ。 続きを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

NEW

発売日2019年07月30日(火)

NEW