SBクリエイティブ

ディズニー キズナの神様が教えてくれたこと

鎌田 洋:著者 / あさのけいこ:イラスト

なぜ、ディズニーランドには夢と希望が満ちあふれているのか? その秘密を知っているのが、ディズニーの〝キズナの神様〟だった。本書は、ディズニーという聖地に引き寄せられる人々の出会い、その出会いが生み出す「絆と希望」を描いた感動物語。

■目次:
第1話 失われない世界
第2話 夕暮れの向こう側
第3話 夢への航海

定価:1,210円(本体1,100円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2017年2月22日(水)
  • ISBN:978-4-7973-9036-0
  • サイズ:四六 カラー+1色
  • ページ数:232
  • 付録:-
第1話 失われない世界

おばあちゃんは外国やアメリカのディズニーを「夢の国」として憧れを持っていたけれど、飛行機が苦手で海外旅行をしたことがなく、日本にディズニーランドができたときは「これで海外まで行かなくてもいい」と喜んだそうだ。

いくらディズニーが好きだからといって、ちょっと運動神経に自信があるからって、それだけでディズニーキャラクターになれるわけがない。いや、ディズニーじゃなくたって、どんな仕事だってそこでは本気でがんばっている人がいる。それなのに、私は……。

おばあちゃんは「他人」に抱きしめられたはずなのに、私の髪をなでて「大丈夫よ、麻友ちゃん」と言ってくれた。昔とちっとも変わってないかのように。ボートは、そんな私とおばあちゃんを一つの世界に包み込むように、ゆっくりと流れていく。

第2話 夕暮れの向こう側

僕はご夫婦に話しかけた。もちろん、誰かれなく声をかけるわけではないのだけれど、その夫婦がダッフィーと一緒に寄り添う姿がなんだか特別なものに思えたからだ。

絵の裏には保育士の先生のコメントで「岳人くんの大好きなお父さんが設計した遊園地。岳人くんの夢はお父さんと一緒にこんな遊園地をつくること」と書かれていた。俺は岳人の絵に釘づけになった。幼かった頃の岳人は、工務店を経営する俺の仕事をかっこいいと思っていたのだ。

「かたちだけ立派でも誰にも大切に思われてない建物や場所がなんぼもある。けど、ここは違うんやないか。このディズニーとやらをつくってるのは、岳人、お前たちやな。お前たちのやさしい気持ちがここをつくってるんや」

第3話 海への航海

流れてくる歌声に吸い寄せられるように丘の方に歩み始めた僕は、丘の手前にあるベンチのところでハッとして立ち止まった。

(もしかして泣いている?)

朝日に照らされた横顔には、涙の筋が光って見えた。

(これって、おばあちゃん?)

母にたずねると、驚きながらも懐かしそうに教えてくれたのは、祖母が若かった頃に恵まれない子どもたちの施設を慰問したときのものだという。

その日は沙良が施設でみんなと一緒に初めて歌の発表をすることになっていて、それだけが気がかりだった。ちゃんと歌えるかなと心配する沙良に「お姉ちゃんが見ててあげるから大丈夫」と約束していたのだ。

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

鎌田 洋(かまた ひろし)
1950年、宮城県生まれ。商社、ハウスメーカー勤務を経て、1982年、(株)オリエンタルランド入社。東京ディズニーランドオープンに伴い、初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)・トレーナー兼エリアスーパーバイザーとして、ナイトカストーディアル・キャストを育成する。その間、ウォルト・ディズニーがこよなく信頼を寄せていた、アメリカのディズニーランドの初代カストーディアル・マネージャー、チャック・ボヤージン氏から2年間にわたり直接指導を受ける。その後、デイカストーディアルとしてディズニーのクオリティ・サービスを実践した後、 1990年、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)にて、教育部長代理としてオリエンタルランド全スタッフを指導、育成する。1997年、(株)フランクリン・コヴィー・ジャパン代表取締役副社長を経て、1999年、(株)ヴィジョナリー・ジャパンを設立、代表取締役に就任。著書に『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』『ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと』『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』『ディズニー ハピネスの神様が教えてくれたこと』『ディズニー キセキの神様が教えてくれたこと』(以上、SBクリエイティブ)、『ディズニーの絆力』(アスコム)がある。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る