SBクリエイティブ

ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと

鎌田 洋:著者

なぜディズニーランドに行くと、幸せな気持ちになれるのか?その秘密はディズニー独特のおもてなしの精神にあった。
ディズニーランドのキャストがどのようにしておもてなしの心を学んでいくのかを、「ありがとう」にまつわる3篇の感動物語を通して紹介する。

【ディズニーシリーズ 好評発売中!】
『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』
『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』

定価:1,210円(本体1,100円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2013年4月10日(水)
  • ISBN:978-4-7973-7291-5
  • サイズ:四六 カラー+1色
  • ページ数:232
  • 付録:-
第1話 虹色のミッキー

ゲストをもてなすための第一歩は、まず「もてなされること」である。そのため、オリエンテーションでは、新人キャストにコーヒーや紅茶をもてなすのだ。

明日になれば、保護者が迎えに来るかもしれない……。そんな期待を胸に、『まーくん』と共に朝を待った。しかし、次の日になっても、その次の日になっても、『まーくん』の親が現れることはなく、そして、身元不明の男児として児童相談所へ引き渡されていった。

そうだ、園長には本当の家族がいなかった。「ここにいるみんなが家族なのよ」と言った園長の言葉は、嘘でもなぐさめでもなく、心からそう思っていた言葉だったんだ。

第2話 真冬の桜ふぶき

すると、入園を強く訴えていたゲストは、お孫さんの手をグイっと引っ張り、晴美に背を向けてこう言った。

「ごめんね、あっくん。このおねえちゃん、とってもいじわるなの。どうしても入れてくれないっていうから、違う遊園地で我慢してくれる?」

私は、一枚一枚の手紙を、何度も何度も繰り返して読んだ。みんなの顔を思い浮かべながら読むうち、涙で文字がにじんできた。そうだ。ディズニーランドは、仲間を絶対に見捨てない世界だった。

「この指輪、晴美のお母さんがデザインしてくれたものらしいんだ。晴美の結婚指輪をデザインすることが、お母さんの夢だったんだって。その夢の続きを、お父さんが叶えてくれたんだよ」

第3話 絆の糸電話

「ええ、まぁ……。でも、僕なんかより優れたキャストはたくさんいますし、田舎でのんびりと暮らした方が、僕に合ってるのかもしれません」

どことなく本心ではないと思われる亮介の発言が、僕は気になった。

東京へ行く前日、僕は遺書を書いた。心の中のすべての愛を吐き出すかのごとく、家族への思いを書きつづった。

すると、僕がいる「支配人室」のドアを、誰かがノックした。

「ウォルトも、こんな言葉を残しています。『安いか高いかなんて心配しなくてもいい。良質かどうかだけを考えればいいんだ。もしそれが十分に良いものなら、人々はその見返りをきちんと払ってくれる』……と」

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・鎌田 洋

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る