発売日 2014年03月11日(火)

ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと

著者名:鎌田 洋(著者)

¥1,100(税別)

ISBN:
978-4-7973-7607-4
サイズ:
四六 カラー+1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鎌田 洋

鎌田 洋(かまた ひろし)
1950年、宮城県生まれ。商社、ハウスメーカー勤務を経て、1982年、(株)オリエンタルランド入社。東京ディズニーランドオープンに伴い、初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)・トレーナー兼エリアスーパーバイザーとして、ナイトカストーディアル・キャストを育成する。その間、ウォルト・ディズニーがこよなく信頼を寄せていた、アメリカのディズニーランドの初代カストーディアル・マネージャー、チャック・ボヤージン氏から2年間にわたり直接指導を受ける。その後、デイカストーディアルとしてディズニーのクオリティ・サービスを実践した後、 1990年、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)にて、教育部長代理としてオリエンタルランド全スタッフを指導、育成する。1997年、(株)フランクリン・コヴィー・ジャパン代表取締役副社長を経て、1999年、(株)ヴィジョナリー・ジャパンを設立、代表取締役に就任。著書に『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』『ディズニー ありがとうの神様が教えてくれたこと』(以上、SBクリエイティブ)、『ディズニーの絆力』(アスコム)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • “全てのニッポン人”に読んで貰ったら叶うこと

    4.0
    kasu0205

    問題の原因は相手にあるという考え、自分勝手、ののしり合い、いがみ合い、・・・・・等々。が無くなり、良い国になると思いました。世に出回っている色んな“宗教の教え”を、高いお金(お布施?)(研修費?)をはたいて講うよりよっぽど良いと思いました。“色んな宗教の教え”を受けている方に、是非紹介したい本です。

  • 4.0
    240ZG

    心優しく、穏やかになれました。いつもそんな気配りができればと思います。

  • 良かった~☺

    5.0
    Amazon カスタマー

    娘が読んでいたので私も少し読ませてもらいたいと思い、少しのつもりが最後まで休むことなく読んでしまいました。おもてなしやサービスは奥深いんだな。と思いました。私もおもてなしの気持ちを大切にしていきたいです。

すべての27レビューを表示

  • 藤井寛子

    「おもてなしは「表なし」とも言われていて、何も見返りを求めずに相手に気づかせないようにすることなんだよ」 日本人の一番好きなところはおもてなしの心です。今こうして心地よくいられるのは誰かがおもてなしをしてくれているから。「大人も見返りを求めなくてもいいんだよ」お金が発生することもしたいけど、日常でお金が発生しなくても表裏ない気持ちで誰かと接することが出来たら気持ちいいんだろうなと思う。 ディズニーはおもてなしで誰かに夢を与えている。この物語では人の人生も変えてしまう この一冊に感動をもらいました! 続きを読む

  • miww

    「おもてなし」と「サービス」の違い。わからなかったな。「おもてなし」は表も裏もない気持ちで、見返りを求めない気配りをする。「サービス」は相手に気付いてもらうことが前提の行動。なるほど、ディズニーの精神は日常にも心がけられる。自分が出会う人に小さな「おもてなし」ができれば素敵ですね。《図書館本》 続きを読む

  • p.ntsk

    かつて東京ディズニーランド(TDL)に勤務経験のある著者の体験を基にしたTDLをめぐるゲストとキャストの三編の物語。「おもてなし」とは表も裏もない心で相手に気づかれず見返りを求めない気配りだと著者は言います。どれだけ相手の立場に立てるかと言うのはすべての仕事や人間関係に関係してくることではないかと思いました。他者を家族や親戚のように思えたら対応は変わってくるのかもしれません。「人々を楽しませたい笑顔にしたい」TDLのおもてなしマインドには学ぶべきものがたくさんあると思いました。 続きを読む

すべてのレビューを読む