発売日 2012年06月27日(水)

ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと

著者名:鎌田 洋(著者)

¥1,100(税別)

ISBN:
978-4-7973-6933-5
サイズ:
四六 カラー+1色
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鎌田 洋

Twitter

Unable to load Tweets

  • マニュアルには存在しない『神対応』の裏話

    4.0
    lon

    サービスの神様=ゲストからのご意見がすべて『成長の糧』だと捉えるディズニーのサービス姿勢には、職種を問わず対人関係で大切なポリシーを感じました。これを読むと、ディズニーには分厚いマニュアル本などは不要で、基本の哲学とサービスだけをしるしたマニュアル本で充分だとわかります。特に以下のエピソードが印象的でした。・ただ質問に回答するだけではなく、その先のゲストの行動を見据えた回答を考えること。・夢の国への演出を徹底するために、迷子の案内を放送せずに行動すること。・一部の不正なゲストを正すことよりも、目の前のゲストとの信頼関係を築き上げること。

  • 4.0
    kasu0205

    問題の原因は相手にあるという考え、自分勝手、ののしり合い、いがみ合い、・・・・・等々。が無くなり、良い国になると思いました。世に出回っている色んな“宗教の教え”を、高いお金(お布施?)(研修費?)をはたいて講うよりよっぽど良いと思いました。“色んな宗教の教え”を受けている方に、是非紹介したい本です。

  • 心の目で

    5.0
    ウルトラ半

    サービス業に携わるにあたり、表面上、うわべだけを見ても、お客さまの心を察するのは難しいってこと。星の王子様に「大事なものは心の目で見なくちゃ」とあるがまさにその通りである。この本を読んで痛感した。この本の構成としては、金田さん視点、そこで働いているスタッフ視点、それぞれで構成されているところは高く評価したいところであるが、残念なことに、フィクションストーリーも中にはあるので気をつけて読んでいきたいものである。

すべての59レビューを表示

  • さと

    今この本を読むに至った全ては必然。サービス業に従事し、それを好きだと自負してきたがその自信やプライドが木っ端みじんに砕け散った。何と独りよがりで自己満足の世界に浸っていたのか。流れる涙とともに私にこびりついていた偽善がきれいに流れていった気がする。もう一度 一からやり直しだな。「分からない ではなく分かろうとすること、心を開いてもらうための信頼関係を築くこと 時には一緒に迷うこと」謙虚でありたいと改めて思った。 続きを読む

  • hiro

    読メで読んだ本の登録が、ちょうど400冊目。『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』に続いて、ディズニー関連本2冊目。「電車の中では読まないで下さい。」と帯にあり、電車の中で読むのが心配だったが、杞憂だった。確かに、4つの話(ノンフィクション?)は、ディズニーのサービスとは何かを教えてはくれたが、どの話もあまりにもグットタイミングで話が進むので、鼻白んでしまった。著者の経験したすばらしい話を変に脚色してしまったために、ディズニーのサービスのすばらしさが、ストレートに伝わってこなかった。 続きを読む

  • らる子

    図書室本、カウンター当番中に読了。 話が出来すぎた感じがしたけれどディズニーの素晴らしさは伝わってきました。営利よりもゲストの楽しみを優先させるキャストたち。こうした夢の国を作り上げたウォルトディズニーは本当に素晴らしい人だなと改めて思わされました。 正直作った感じの話が多く泣けませんでしたが、量もそんなに多くなく読みやすかったです。いい話ではあった。 続きを読む

すべてのレビューを読む