発売日 2017年12月20日(水)

初めての人のための99%成功する不動産投資

著者名:内藤 忍(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9428-3
サイズ:
四六/1色
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・内藤 忍

石野 雄一(いしの ゆういち)
資産運用アドバイザー。株式会社資産デザイン研究所代表。一般社団法人海外資産運用教育協会代表理事。1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院卒(MBA)。金融機関勤務を経て、99年にマネックス証券の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、株式会社マネックス・ユニバーシティ社長などを経て、現在は株式会社資産デザイン研究所代表取締役を務める。3万人の読者を持つ資産デザイン研究所メールを配信し、早稲田大学、明治大学、丸の内朝大学などで資産運用講座を担当。自ら金融商品から国内外の不動産まで幅広い投資を実践。また、ワインバー「SHINOBY'S BAR銀座」のオーナーという顔も持つ。著書は、『内藤忍の資産設計塾』シリーズ(シリーズ13万部)や『初めての人のための資産運用ガイド』(シリーズ17万部)など多数。

Twitter

Load More...
  • 【警告】これより先は読んではいけない

    1.0
    thorn1213

    この著者はさまざまな投資商品を「焼き畑農業」のように推薦して回っている人物で、近年では国内不動産が主な対象になっているようです。投資商品や資産運用について情報を得る際に最も重要なことの一つは、そのソースが信頼できるか否かです。その点本書には、大いに懸念があります。著者・内藤忍は一時ワイン投資に傾倒し、「飲めて殖やせる 究極のワイン投資」という本まで出版しました(ISBN-10: 4860103416)。この折に推奨していたワイン投資ファンド取扱業者は「ヴァンネット」と言いましたがポンジースキーム(自転車操業)による違法な資金取扱を行ったあげくに倒産し、出資していた個人投資家の多くが金銭被害に遭ったとされます。この間の経緯は平成27年12月25日に関東財務局が下した行政処分およびその他のネット情報として、現在も参照することができます。事件ののち、内藤は自分が推奨した業者の手による金融犯罪被害に遭った個人投資家に対して謝罪はおろか、一言のコメントも発しておりません。もしも本書を手に取ろうとしている方がおられたら「ヴァンネット」と「内藤忍」の関係をお調べになってからにされたほうがよいと、老婆心ながら警告申し上げておきます。商品がワインから不動産に変わっても、紹介者は同じなのですから。事件が公になって二年も経つというのに、不祥事にあたって不実極まりない対応を見せた著者の本を未だ刊行する出版社の不見識も、厳しく責められるべきところです。国内不動産投資について調べ物をすること自体はよいことなのかもしれませんが、よりにもよって「内藤忍」の本を用いることはないでしょう。「これより先は読んではいけない」所以です。

  • keith26

    非常に内容が薄い本で、「99%が成功する」という謳い文句は良識を疑います。内藤忍さんの2年前の著書【飲めて殖やせる 究極のワイン投資】で紹介したワインファンド【ヴァンネット】 は、関東財務局が【投資詐欺】だったと認定。現実的に、約520人が出資した約36億円が未償還になっています・・・ぜひ【飲めて殖やせる 究極のワイン投資】も合わせてお読みください。真の「内藤式メソッド」というモノが解ると思います。

すべての6レビューを表示

  • Kじゅう

    将来的にインフレになる前提で語られているため借金してワンルームマンションを買うという手法を提案しているんだけど、これでデフレが来てまったらどうするんだろう? 続きを読む

  • moto

    筆者の経験をもとに具体的な投資方法について書かれていて参考になります。不動産投資はどうしても投資額が大きくなるので、色々な本を読んだ上で最良の投資方法かを検討する必要がありそう。 続きを読む

  • コジ

    興味が出てきたのでとりあえず本を読もうと思って読了。東京の物件って遠いなあと思いつつ、でも言ってることはまっとうな気がしました。どこまで自己資金を抑えてローンを借りるか。 借金には抵抗あるけどもうちょっと調べてみようと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む