発売日 2018年01月17日(水)

プログラマの数学 第2版

著者名:結城 浩(著者) 大塚砂織(イラスト)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9545-7
サイズ:
A5/1色
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城 浩

イラスト・大塚砂織

結城浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。
プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。
代表作は『数学ガール』シリーズ。
J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。
2014年度日本数学会出版賞受賞。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 数学を学び直したい人のために

    5.0
    usata3

    機械学習の概念を、中学数学程度の知識のみ仮定して教えるにはどうしたらいいか、と思ってこの本を購入しました。(結城さんから直様 Twitter で教えていただきました)読んでみて、確かにこれは分かりやすい(苦心されている)と思いました。既に分かっている人が読むからそう感じるのか、それとも本当にこれまで機械学習が分からなかった人が分かるようになるのかは不明ですが、このようなターゲットに向けてちゃんと書かれている本がまずないので、数学を学び直そうと思っている人は手に取ってみるとよいです。機械学習を実践しようとすると、どうしても道具としての数学は避けて通れないので、どこかで時間を使ってみる必要がありますが、どういう順番でやればよいのか、まだ分かっていません。プログラミングは問題なくできるという人も少なくないので、Google Colab あたりで演習を用意して、コードを書くのと理論を勉強するのをうまく組み合わせることができればよいのになあ、と常日頃思っています。

  • 5.0
    tmat

    たいへん面白く読みました。全体にとにかく「苦手な人にむかって、できるかぎり分かりやすく」という方針が貫かれていて、とても良かったです。

  • プログラマの必読書

    5.0
    むむむ

    プログラマになりたくてなった方は必読書だと思います。素晴らしくよくまとまっていて、わかりやすい。

すべての32レビューを表示

  • ショウジ

    本書はとてもわかりやすく説明されているのですが、いざワタシが内容を説明しようとするとうまくできません。著書には 説明できないのは、その問題の心臓をつかんでいなっからでしょう といわれてしまいそうです。 本書は「プログラマの数学」というタイトルがついていますが、プログラマでなくとも役立つことは多数あると思います。それをどう活かせるかは読者の問題に対する取り組み次第なのではないかと思いました。 著者の書籍で読んだのは、まだ2冊めなのですが、とても説明がわかりやすなと思いました。 続きを読む

  • gushwell

    プログラミングとあまり関係なさそうな話題もあったけど、パズル問題を解くみたいに楽しく読むことができました。丁寧でわかりやすい解説はさすがだなって思います。でも付録の「機械学習への第一歩」はもう少し内容を充実させてほしかった。まあ付録なんで仕方ないですが... 続きを読む

  • Z

    ほとんど9割高校レベルで読む必要はなかった。逆に高校生以下は今学んでいることの、具体的な応用例が出てくるので、学習意欲なり授業の参考書にいいと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む