発売日 2019年11月14日(木)

2030年の世界地図帳
あたらしい経済とSDGs、未来への展望

著者名:落合陽一(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9995-0
サイズ:
A5判
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・落合陽一

メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversity プロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2015年World Technology Award、2016年Prix Ars Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。Laval Virtual Award を2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards 受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeaders of Tomorrowに選出されるなど、国内外で受賞多数。専門は計算機ホログラム、デジタルファブリケーション、HCI および計算機技術を用いた応用領域(VR、視聴触覚ディスプレイ、自動運転や身体制御)の探求。個展として「Image and Matter(マレーシア・クアラルンプール、2016)」や「Imago et Materia(東京・六本木、2017)」、「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」(東京・表参道、2018)」、「質量への憧憬(東京・品川、2019)」など展覧会多数。近著として『日本進化論』(SBクリエイティブ)、『デジタルネイチャー』(PLANETS)、写真集『質量への憧憬』(amana)など。

Twitter

  • tonkotsu

    落合陽一さんの最新著書。今作は2030年までの国際目標である、持続可能な開発目標(SDGs)について、現状の世界中の問題を掘り下げながら今現在・近い未来に起こりうる変化について語られる。350ページ調で情報満載(地図・グラフを駆使して紹介されているのもわかりやすい)、これを読めばSDGsについてかなり深く理解できるはず。落合さんの本らしく最新技術・テクノロジーの要素が満載で、かつ、それがSDGsに絡めて濃く幅広く語られていて非常に勉強になった。 続きを読む

  • シェンゲン🔑🌟縛り越えたら🏃‍♂️✈️マイルか車でヨーロッパ周遊します(指折り数えて眠る)

    アフリカ。。要チェック 続きを読む

  • yuzyuz_k

    読んで考える。 そしてアクションを考えてみる。 動けたらすぐ動く。 やってみて、そしてまた考える。SDGsをに対して考え、行動きっかけには良い本だと思います。 ちょい気になったのが取組を批判されるSDGsですが、日本のSDGsの進捗順位は、全体で15位で1億人以上の人口を持つ国としてはトップです。 かなり凄い事だと思います。 生産性低いんですけど、エネルギー効率は段違い良い国日本。 現実考えるならエネルギー効率いい方が、稼ぐ効率が良い方より評価されてもいいのにと、京都議定書の頃から思っています。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

発売日2019年01月08日(火)

同じジャンルの商品