発売日 2019年11月14日(木)

2030年の世界地図帳
あたらしい経済とSDGs、未来への展望

著者名:落合陽一(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9995-0
サイズ:
A5判
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・落合陽一

メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversity プロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2015年World Technology Award、2016年Prix Ars Electronica、EUよりSTARTS Prizeを受賞。Laval Virtual Award を2017年まで4年連続5回受賞、2019年SXSW Creative Experience ARROW Awards 受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeaders of Tomorrowに選出されるなど、国内外で受賞多数。専門は計算機ホログラム、デジタルファブリケーション、HCI および計算機技術を用いた応用領域(VR、視聴触覚ディスプレイ、自動運転や身体制御)の探求。個展として「Image and Matter(マレーシア・クアラルンプール、2016)」や「Imago et Materia(東京・六本木、2017)」、「落合陽一、山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」(東京・表参道、2018)」、「質量への憧憬(東京・品川、2019)」など展覧会多数。近著として『日本進化論』(SBクリエイティブ)、『デジタルネイチャー』(PLANETS)、写真集『質量への憧憬』(amana)など。

Twitter

【新年五冊目】
#2030年の世界地図帳
世界における日本の立ち位置、今後の大局的な歩み方が学べる。ヨーロッパの理念と米中の熾烈な競争の中で日本が進むべき一手とは。 #落合陽一 さん

Load More...
  • 世界と日本に新たな「気づき」をもたらす入門書

    5.0
    択三拍

    前書きで、SDGs(持続可能な開発目標)が、極めて具体的である為に、各国それぞれの事情に当てはめた時、実感の無いものとなってしまっている点を指摘し、その解決策として問題設定の抽象化を提案しています。俯瞰と主観、抽象と具体を高速で行ったり来たりする著者の思考が端的に表れていると感じました。メインコンテンツといって過言ではないのは、34ページから53ページまでの表やマップです。この部分を正しく読み取れるのであれば、以降の文章は解説なので必要ないとさえ思えます。この表やマップで得た読者自身の「気づき」が以降の文章でどのように書かれているのか、事実に対する著者と自分の見解の類似や相違などを考えながら読むとすごく面白いです。世界と日本に対して新たな「気づき」を発見できる、世界と日本を考える上での入門書です。試読のできないアマゾン購読も自信を持ってお勧めします。励みになります。参考にしていただけた場合は、チェックお願いします。

  • 5.0
    o

    本書で語られている情報のひとつひとつはいちどは目や耳にしたことのあるものではあるがそれは一体何を意味するのかそれらがつながったときどういうことが起きるのかということに関しては全く不明でたくさんの情報の中をただ右往左往するだけだった。その混乱を理解力の乏しい私にもわかるように非常に丁寧に解きほぐし世界はこうなっているんだと目の前を開かせてくれた。これで行く先を見通すことができる。感謝申し上げます。

  • 2030年という、わずか10年後が見通せない現代の地図帳です

    5.0
    爆裂金魚

すべての38レビューを表示

  • planetmbit

    SDGsを一つの大きなテーマにしてますがそれを起点に多くのテーマとデータを扱っており、そしてタイトルにもあるように地図プロットされた多様な観点でのデータなどなどかなり読み応えあります。(にもかかわらず一般でも読みやすいようなポップさを出してるのは広く読まれたい事を狙ってとの事で良策)。 特に巻末のおわりにが落合陽一の最新の考えが現れていて初期の書籍と比べると思考の変化も垣間見れて面白いです。変わらず学び多いきっかけをくれる事に感謝。 続きを読む

  • tonkotsu

    落合陽一さんの最新著書。今作は2030年までの国際目標である、持続可能な開発目標(SDGs)について、現状の世界中の問題を掘り下げながら今現在・近い未来に起こりうる変化について語られる。350ページ調で情報満載(地図・グラフを駆使して紹介されているのもわかりやすい)、これを読めばSDGsについてかなり深く理解できるはず。落合さんの本らしく最新技術・テクノロジーの要素が満載で、かつ、それがSDGsに絡めて濃く幅広く語られていて非常に勉強になった。 続きを読む

  • シェンゲン越えたら🧳マイルでヨーロッパ周遊します

    アフリカ。。要チェック 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

発売日2019年01月08日(火)

同じジャンルの商品