発売日 2019年07月20日(土)

シナリオのためのファンタジー事典
知っておきたい歴史・文化・お約束121

著者名:山北 篤(著者)

¥1,890(税別)

ISBN:
978-4-8156-0078-5
サイズ:
A5判
ページ数:
292
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山北 篤

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 参考にはなる。でも、参考以上にはならない。

    4.0
    aoisun

    ファンタジー小説や漫画を書こうにも全く予備知識や参考書がないならお勧めです。ですが、あくまでも参考にしかなりません。ファンタジーでよく使用される武器、魔法、世界観などいろいろと羅列してはいますが、詳しくは書かれていません。情報は広く浅くが基本です。幅広くいろいろなファンタジーの知識が欲しい。または、ファンタジー作品のとっかかりが欲しい。という人には合っていると思います。ですが、魔法の概念をマスターしたい。剣の細かい部分が知りたい。などと、深く追求したい方には物足りないと思います。個人的には満足しています。あとは、求める部分が合うかどうかだと思います。

  • 楽しく、詳しい

    5.0
    いけパパ

    これまで知らなかったような職業など、中世ヨーロッパ周辺の様々な職業を紹介。元は同人誌とのことだが、好きこそものの上手なりとはよく言ったものだと思う。

  • 「暦」や「時間」の表現方法が、ほぼ皆無

    3.0
    Amazon Customer

    興味本位でサンプルを頂きました。評価者である私の読書傾向は・ノンフィクション・歴史・ミステリー・SF・ファンタジーとかなり雑食です。また、小説も書いていません。それを踏まえて、レビューを読んで下さい。まず、タイトルからして「架空世界を題材とする物書き」向けの辞典(参考書?)です。確かに、幅広い項目が掲載されています。ですが、ファンタジー小説が溢れるこのご時世、殆どの掲載内容が皆さんの既知の内容であると思われ、辞典という体裁をとっている為にページ数の制約があり、各項目数も少ない上に、深く解説もされてはいません。かなり取捨選択されています。国家や政治制度、軍隊などの項目については首を傾げざるを得ない内容です。この辺は、簡易説明に徹したのか、著者の知識が不足してるのかは難しい所ですね。更には、皆さんが知りたいであろう「組織図」「官職一覧」もありません。また、参考文献を見ると、かなりの偏りも感じます。何より、もし私が【現代では無い時代】の小説を描くなら、これは必須と思われる項目がありません。それは「暦」や「時間」の表現方法について、です。「物語を描く」とは、「時間の経過を描く」ことでもあります。それを読者に「時代に合う」表現で描き伝えるのは、かなり重要です。これは時代劇でも同様です。各章の終わりに軽いコラムがありますが、その一つに「時間を知る」というページがあり、ここで時間について書かれています。ですが、たった1ページであり、それも「聖務日課」による物のみです。これは、非常に残念かと。以上から、評価は辛めの星3つとしました。※ちなみに現在、「セイコーキッズ」というHPが公開されています。ググれば出てきます。セイコーミュージアムの子供向けコンテンツの一つです。その中で「時計の歴史」を紹介しています。時を表現するとは、時間を計測する事が出来て、初めて可能なのです。あなたが描きたい時代に沿う「時計」が見つかる事でしょう。そして、そこから「暦」や「時」の表現方法を更にググれば、目的の「書籍」が見つかると思います。

すべての25つのレビューを表示

  • るりけい

    ゲームや小説などのファンタジーは中世ヨーロッパをベースにしたものが多い。そんなクリエイター向けに、国家、宗教、武器、生活など中世についての知識をまとめた本。日本や中国に関しても少し書かれている。 内容はあくまでも広く浅くなので、詳しく知りたければ巻末の参考文献やネットなどで調べて専門的な本を読む方が良いと思う。中世の王様や軍があまり強くなかったという話が面白かった。実際の牢屋や橋の構造も興味深い。 続きを読む

すべてのレビューを読む