発売日 2019年12月18日(水)

これからの会社員の教科書
社内外のあらゆる人から今すぐ評価されるプロの仕事マインド71

著者名:田端信太郎(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-8156-0243-7
サイズ:
46判
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田端信太郎

田端信太郎(たばた・しんたろう)
ZOZOコミュニケーションデザイン室長。1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。NTTデータを経てリクルートへ。フリーマガジン「R25」を立ち上げる。2005年、ライブドア入社、livedoorニュースを統括。2010年からコンデナスト・デジタルでVOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進。2012年NHN Japan(現LINE)執行役員に就任。その後、上級執行役員として法人ビジネスを担当し、2018年2月末に同社を退社。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 囚人のジレンマ

    2.0
    なんでもなし男

    なんだかんだいって所謂昭和スタイルの上司・顧客への忖度、社内政治って大事だよね、こうやってやろうね、といった内容の本です。こうやって囚人のジレンマのように、他者を出し抜こうと余計なことをし合って結果的に全体の生産性を下げていく人がいる限り、本当の働き方改革は進まないんだろうなと思わされました。確かに考えが凝り固まったおじさんに占拠された日本企業で上手くやっていくには良い本なんでしょうが、節々から感じる時代錯誤とも取れる内容は個人的にはあまり受け付けられませんでした。

  • 日本の未来は暗いだろうと感じさせる著書

    1.0
    Amazon カスタマー

    書いてあることが日本の会社で特に必要な技巧であることは同意する。ただ、それらは何の専門性もない、なんちゃってジェネラリスト社員を量産して世界との競争力を失った日本の元凶ではないか。誤解を恐れずに言えば、ZOZOでまるで結果を出せなかったが、内輪のネットワーク・Twitter上では影響力を強めている著者の生き方が投影された著書といえよう。ごまかし、媚び諂い、本質的でないなんちゃって姿勢。これらがあれば、日本の会社でまるで成果を出している者として見られるのは容易いことなのだろう。これからのサラリーマンがこのような内容の著書を良しとし、同じ指針を取っていくのであれば、やはり日本の未来は暗い。

  • サラリーマンのバイブル

    4.0
    骨折マン

    前著ブランド人に~については彼のTwitterを見ていれば十分で買うほどのものか正直疑問でしたが今作は違います。彼のスマートなところは媒体のTPOに合わせられるところで、どの媒体ならどこまで言えるかを見極められるところにあると思っています。本書にも書いてある通り、Twitterなら炎上するものが明確に言語化されています。サラリーマンである以上、社内政治からは逃げられないし、面倒なことからも逃げられない、正論だけでは話にならないという、よくよく考えれば当たり前なのだけれども今までのビジネス書になかったことを教科書としてまとめていることに本書の価値があると思います。この質問に答えられないのは上司としてどうなのか的な記述もあり、一定以上の肩書の方にも読む意味はあります。減点法で評価されている部分(例えば服装)、加点法で評価されている部分(例えば会議での発言)の二つが会社という空間には存在していて、ということを言語化してくれたのは見えないルールに弱い現代の若いサラリーマンには福音ではないでしょうか。私は上司が外国人なのでどこまで通用するか未知数ですが、少しずつ実践していこうと思える本でした。

すべての141つのレビューを表示

  • ドリル

    有名な人らしいけど、全く知らなかった。無知過ぎる自分が恥ずかしい。内容は新入社員や若手向けの仕事の教科書。自分自身が若い時に思っていたことや考えていたことが書かれていて、共感出来た。目から鱗の内容ではないが、改めて色々と考えさせられる。感想に「もう少し年齢が若い時に読みたかった。」って書こうと頭の中で考えていたら、最後にカーネル・サンダースや伊能忠敬のくだりが出て来て、言い訳出来なくなった…若い人だけでなく社会人として成功したい全ての人に推薦したい一冊。早速、今日から新しいことを始めてみよう!(★★★★) 続きを読む

  • サツキ

    社会人のルールが体系的にまとまった本だと思います。この本に書かれているルールは社会人の先輩が明言して教えてくれるものではありません。本来なら自分で体感して覚えていくものが言語化されているように思いました。この本に書かれたルールをうなづきながら読めない人は、この本を読もうと読まないでおこうと同じなのかな、と思います。まだ社会に出ていない人は、内容をふんわり覚えておいて、自分の言葉でルールを体得していくのがよいのかなと思います。 続きを読む

  • 清游☆購買意欲!日に日に上昇!

    日本語でググるも大切だが、英語でググると、さらに楽しいよね! 田端さんの理論軸がわかってくると、シナジーマップ創りやすくなるんじゃないかなぁ^ ^ 続きを読む

すべてのレビューを読む