発売日 2019年06月28日(金)

Unityの教科書 Unity2019完全対応版
2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座

著者名:北村 愛実(著者)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0254-3
サイズ:
B5変
ページ数:
440
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・北村 愛実

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • Unity初心者への最適な入門書

    5.0
    ryo

    ・この本のボリューム6月29日に本が届き、結構ゆっくりめに学習して7月7日に1周終わりました。ページ数はそこそこありますが、(おそらく)わかりやすさの観点から、イラストや画像の挿入が多く、文字自体はそこまで多くないのでそんなにボリューミーではないです。・プログラミングについて自分はプログラミング未経験というわけではないので、テキストのC#の基礎については流し読む程度で済ましましたが、テキストで扱われているUnityのスクリプトを読める程度にはしっかりとC#というプログラミング言語の基礎について解説してあります。ですのでプログラミングやったことないよって人でも安心して読めます。ただ、プログラミングをある程度噛んでいたほうが少し気楽に読めるのは確かです(当たり前)。・UnityについてUnityはこの本を買うまでやったことがなかったのですが、この本はゲームのデザインを抽象的かつ丁寧に、毎回の章で解説してくれているので、この本を学び終わった後でも応用をきかせやすいかなと思います。オブジェクトの当たり判定、UI管理、シーン遷移などなど、ゲームの基本的な機能の実現をUnityでどのように実装するのか、丁寧に解説してくれていて、私のような初心者でも安心して読めました。まとめると、初心者にとってはすごくわかりやすく、イラストを効率よく用いているので読みやすい本でした。読んでる間でいくつが誤植があるのに気づいた(書き留めておくの忘れた)のですが、自分で修正できるレベルのものなので大丈夫です。ただ、3Dゲームを作るときに、Window → Rendering → Lighting Settings から、Auto Generateのチェックが入れたままだと、PCが悲鳴をあげるかもしれませんので適宜チェックをはずすことをオススメします。この本で作るサンプルゲームでは特に関係ないと思います。他のUnity参考書買ったこと無いから比較とかできないけど、おすすめです!!

  • 初心者がUnityがどんなものかを知るにはすごく良いと思う

    5.0
    katu

    自分はUnityは今まで使ったことがなかったのですが、結構2018年度版が好評みたいだったので試しに2019年度版を購入。プログラミングは初めてという訳ではなかったので、スクリプトの基礎の部分は流し読みして進めました。かなり丁寧に記載しているので比較的スムーズにサンプルゲームを作成でき、本を途中で投げ出すことなく本書の通りのゲームを作りきることができました。とりあえずUnityって何ができるの?みたいなことを学ぶには非常に最適。またゲーム作成までの考え方が一貫して最初に提示されていることに好感が持てました。一番初めにUnityを触ろうとするのであればオススメかなと思います。

  • 見やすいですね

    5.0
    へへへ太郎

    題名に見やすいですねと記入しましたが、とりあえず教科書が説明する物は作る事はできます。ある程度修正が必要だったり本の通りにならない等、バージョン違いの為か少々あります。はじめてでも...と記述されてはいますが、Unityを扱う為にクラスの概念をきちんと理解しよう、とサラッと本内で記述されています。つまりプログラムに関して対象者は初心者向けではありません。あくまでもプログラミングの知識を有し、Unityに関する初心者を対象としているかと思います。また、プログラミングの応用から2D・3Dの座標系からベクトル(きっとマトリクスも)の数学的な知識も必要かと思います。図が挿入されているので理解できるかと思いますが、Unity環境で何が作れる、ではなくツールを使いこなす努力が必要だと感じました。プリミティブな部分まで理解出来れば、何でも創作できそうな予感がしますが、公開されている物を継承またはオーバーライドしたスクリプトの作成だけでは、思い描く物を完成させるのにこんな機能があれば...と足りない人が出てきそう。結局必要な部分は、自身で考えて実装するしかないですね。

すべての52つのレビューを表示

  • 小人100円

    技術よりゲーム作成の手順に重きを置いた参考書。本書の書かれる通りに手順をこなすと、簡単にゲームが作れて、達成感も出るので飽きずに勉強できる。C#の書き方も解説しているので、プログラミング未経験でも分かりやすい。Unity学習始める人にピッタリ。ただ、技術関連が不足気味なので、さらなるレベルアップを求めたい人は、別の参考書やネット等を見て勉強する必要はある。 続きを読む

  • PenguinTrainer

    Unityを使って一から3dゲームを作り、自分のスマホでそのゲームの動作が確認できるまでになる本。Unityを使ったC#の実行環境構築、C#における簡単なクラスやメソッドの考え方も説明されており売り文句の通り初めてでも安心である。 Unityの公式チュートリアルはできあいの部品たちを動かすだけでなんだか原理をうまく理解できなかったのですが、この本を読み進めて作業することでゲーム設計の方法や動作原理までも理解できるようになります。 続きを読む

  • kohamahon

    ★★★☆☆。仕事の必要性から読了。昨今のゲーム開発環境って、こんなことになってるんですね。物理エンジンや当たり判定など、私のようなIT老兵からすると隔世の感ですね。昔はプログラミング技術力だけでもなんとかなる部分はありましたが、今は素材とアイデアだけですね。当書、超入門ですが、入り口としては十分理解できました。Unity本によくある、C#の文法解説でのページ稼ぎはやめて欲しいものですが、当書のC#文法解説分量は約15%で、まあ、このくらいまでかな、という感じです。 続きを読む

すべてのレビューを読む