発売日 2019年11月20日(水)

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書
Financial Literacy for Millennials

著者名:アンドリュー・O・スミス(著者) 桜田 直美(訳)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0291-8
サイズ:
46判
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・アンドリュー・O・スミス

訳・桜田 直美

■著者
アンドリュー・O・スミス
学生時代からお金、投資、財務計画についてのアドバイスを受け、アメリカで最初の大学投資クラブの一つであるペンシルバニア投資連合の設立を支援した。受託者、財務顧問、弁護士として、信託基金、不動産、投資パートナーシップ、有限責任会社、保健信託、不動産パートナーシップ、および個人に助言をしてきた。初期はシリーズ3の認可された商品取引顧問であり、登録投資ファンドの最高財務責任者を務めた。Booz Allen Hamiltonの管理コンサルタントとしてキャリアをスタートさせ、現在は科学専門メーカーYenkin-Majestic Paint Corporationの最高執行責任者。

■翻訳者
桜田 直美

翻訳家。早稲田大学第一文学部卒。訳書に『より少ない生き方』『STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる』(いずれも、かんき出版)、『こうして、思考は現実になる』『こうして、思考は現実になる(2)』
『「感謝」で思考は現実になる』(いずれも、サンマーク出版)、『生きるために大切なこと』(方丈社)、『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』( SBクリエイティブ)、『10% HAPPIER』(大和書房)などがある。

Twitter

Load More...
  • 著者は全然知らないけど、「橘玲氏推薦」という安心感で買った1冊。良い。

    4.0
    爆裂金魚

    お金に関する基礎知識が得られたが、日米の違いがあるので、鵜呑みにするのは難しい

  • 4.0

    学校で投資教育をするという話を聞いたことがあったので、いわゆるお金の儲け方、或いは悪い話に騙されない心構えの類かと思ってページを捲ったのですが、、確かにそれが基軸にはなっているものの、良い意味で裏切られました。生きていくためには、当然ながらお金が必要になります。完全な自給自足という暮らしも不可能とは言い切れませんが、まあそれは、相当に困難です。それでは、人生と切り離すことのできないお金とどう付き合っていくべきか、そもそも、お金とは一体なんだろうといった、経済の基本原則とも言えることを本書は解説しています。そして、お金を稼ぐ=生活を営む過程の節々において、失敗した時はどうすればいいのか、お金を稼がなくなった老後をどう過ごせばいいのかといった事柄にも言及しているので、お金にまつわる教本というよりは、生き方の教科書とでもいうべき内容になっていました。この本、事前に思ったよりもずっとためになりました、わざわざ橘玲氏を大フォントで謳って箔付けしなくても、十分に勝負できる内容だと思いました。

  • お金というよりは、経済と生き方の教科書

    4.0
    田なかなかんか

すべての6レビューを表示

  • tonkotsu

    「お金」に関する基礎知識がわかりやすく解説されており、「お金」に対するマネーリテラシーを高めることができる一冊。お金の使い方からキャリア設計、貯金・投資・老後資産の貯え方から破産・お金関係の法律まで「お金」に関するありとあらゆることが解説されており、かつ高校生でも読めるような内容なので、社会に出る前に読んで損なし(もちろん社会人の方にもおすすめ)。モバイル決済などの新しい技術に対する対策も紹介されているのも◎。 続きを読む

  • かなた

    お金の使い方、貯金、クレジットカードの使い方、ローンとは? 投資とは? 、金融詐欺、保険 、税金といった人生の中で関わるであろうお金に関することが分かりやすくん載っています。 学生や20代の方々が読んでおいた方がいいかも。 続きを読む

  • bonbon99

    お金のことを大学生や新入社員に向けた基本書。日本にもマネー教育が必要なのはその通りだと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む