発売日 2019年11月20日(水)

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書
Financial Literacy for Millennials

著者名:アンドリュー・O・スミス(著者) 桜田 直美(訳)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0291-8
サイズ:
46判
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・アンドリュー・O・スミス

■著者
アンドリュー・O・スミス
学生時代からお金、投資、財務計画についてのアドバイスを受け、アメリカで最初の大学投資クラブの一つであるペンシルバニア投資連合の設立を支援した。受託者、財務顧問、弁護士として、信託基金、不動産、投資パートナーシップ、有限責任会社、保健信託、不動産パートナーシップ、および個人に助言をしてきた。初期はシリーズ3の認可された商品取引顧問であり、登録投資ファンドの最高財務責任者を務めた。Booz Allen Hamiltonの管理コンサルタントとしてキャリアをスタートさせ、現在は科学専門メーカーYenkin-Majestic Paint Corporationの最高執行責任者。

■翻訳者
桜田 直美

翻訳家。早稲田大学第一文学部卒。訳書に『より少ない生き方』『STRONGER「超一流のメンタル」を手に入れる』(いずれも、かんき出版)、『こうして、思考は現実になる』『こうして、思考は現実になる(2)』
『「感謝」で思考は現実になる』(いずれも、サンマーク出版)、『生きるために大切なこと』(方丈社)、『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』( SBクリエイティブ)、『10% HAPPIER』(大和書房)などがある。

訳・桜田 直美

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 著者は全然知らないけど、「橘玲氏推薦」という安心感で買った1冊。良い。

    4.0
    爆裂金魚

    著者のアンドリュー・O・スミス先生のプロフィールを見ると、クラクラする。MBA、法務博士、弁護士、最高執行責任者・・・へへー、っと思わず土下座したくなる。でも、ホントはよくわかんない。スゴイんだろうけど、それを理解する知識が僕にないから。むしろ、胡散臭いとも思えてくる。そもそも、スゴイ経歴の人の本が面白いとは限らない。なら何故、僕が限られた資金(ホントに切実)からこの本を買ったかと言えば、橘玲先生の推薦の帯に見事釣られたからだ。橘玲先生の本ならすでにいくつか読んで、僕の血肉になっている。しょーもない本の推薦をして、ご自身のブランドを損なうようなことはしないだろう、と。この僕の予想は当たった。この本のテーマはお金の基礎教育だ。そもそもは医者をやっている若い親戚に向けての手紙を元にしているそうだ。タイトルに「アメリカの高校生が学んでいる」とは銘打っているが、もとは高学歴高収入(医者)だけど、お金のリテラシーのない人に向けた内容になっている。つまり、アメリカ人なら誰もがお金の知識がある、わけではない(ま、当然だよね)。それに、アメリカ人は日本人に比べて破産件数が多い。人口や破産の定義が違うにしろ、1桁多いんだから、アメリカ人みんながみんな、この本のような知識を身につけているわけではない。だから、アメリカの高校生の知識を持ってないオレ、やばい、と焦る必要なない。今からでも十分間に合う。内容は、橘玲先生の本を読んだことのある人には、馴染みのあるものだろう。そういう人は、この本から新しい知識を得るチャンスは少ないと思う。でも、お金の知識は大切だから、何度でも復習したい、という人や、これからお金について勉強しよう、という人にはいい内容だと思う。アメリカと日本は制度が違うから、そこんとこどうなんだろ、と思い保険のところを見たら、日本の皆保険のことにもちらっと触れられていたので、本を作るときに、日本向けとして相応しいようにしたんだと思う。好感が持てた。基本的にはお金の管理や計画に関する内容なので、これを読んだら次の日から急に金回りがよくなる、ということはない。ほとんど、効果が出るまで時間がかかるものだ。ただ、だからこそ、スタートは早いほうがいい。若い人をメインに、人生にまつわるお金の知識を身につけてヘタこかないようにしよう、というのが著者のメッセージだ。

  • 日本の高校生も、再度欧米の大学へチャレンジしよう。

    4.0
    老骨頑固

    理系?文系? 16歳、17歳の今から決めてしまって後悔しないかな? ハーヴァード? スタンフォード? MIT?CALTEC? 勉強するのは先生や友人ではなくて君だよ! 君の向学心を燃やしてくれるのはどの大学かな? 日本以上に選択肢が多いようなので、君の将来のために受験勉強の一部として、5%の時間を学校の選択に使おう。考えさせてくれる良い本ー良い情報源です。

  • ベスト10入りです。

    5.0
    かんくん

    私でも理解できるよう分かりやすい内容でした。特に最後の付録のところは大人でも為になる保存版高校生の時に出会いたかった。人生変わっていたかもと思います。子供が高校生になったら読ませようと思います・

すべての46つのレビューを表示

  • 鱒子

    わたしは日本の中年ですが、本書にはわたしが実社会に出て長い時間をかけて知ったお金のことがたくさん載っていました。アメリカの高校生スゲぇなぁ。実際のところ、日本の現役高校生で積極的にビジネス書を読む層はかなり少ないでしょうが、それでもこの本は読んでおいた方がいい!ーーなんて、高校生の頃にこんな本を読まなかった大人が言うのもなんですが。 続きを読む

  • 本棚

    「お金」に関する基礎知識がわかりやすく解説されており、「お金」に対するマネーリテラシーを高めることができる一冊。お金の使い方からキャリア設計、貯金・投資・老後資産の貯え方から破産・お金関係の法律まで「お金」に関するありとあらゆることが解説されており、かつ高校生でも読めるような内容なので、社会に出る前に読んで損なし(もちろん社会人の方にもおすすめ)。モバイル決済などの新しい技術に対する対策も紹介されているのも◎。 続きを読む

  • はるき

     社会人人なって大分たちますが、分かってるつもりで分かっていないことが沢山ありました。日本の子供たちも、社会に出る前にしっかりじっくりお金の勉強をしなくちゃいけませんね。 続きを読む

すべてのレビューを読む