文芸/小説/エッセイ
いつも上を向いて
いつも上を向いて
超楽観主義者の冒険

マイケル・J・フォックス 著
入江真佐子 訳
ISBN
978-4-7973-5520-8
サイズ
四六/1色
ページ数
344
価格
1600円+税
出版日
2010/04/21
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


『ラッキーマン』の続編、ついに刊行。


「ぼくの歩みは一歩前進二歩後退のようなものかもしれない。だが、パーキンソン病とともに過ごしてきて、大事なことは、いつも上を向いて、その一歩を数えることだということを、ぼくは学んだ。」
2000年、進行する病状の中、俳優業を引退したマイケルは、「パーキンソン病研究のためのマイケル・J・フォックス財団」を設立し、パーキンソン病患者のための活動を開始する。しかし、それは新たな試練と闘いの始まりであった。クリストファー・リーヴやモハメド・アリとの出会いと友情。パーキンソン病研究を支援するために政治へのコミット。著名なラジオ・パーソナリティの心ない中傷。

『ラッキーマン』以降、マイケル・J・フォックスは、どんな体験をし、どんな思いで生きてきたのか。進行する病状の中、どんな逆境の中でもユーモアと希望を失わず、家族とパーキンソン病患者のために闘う自らの姿を生き生きと綴った感動の自叙伝。

【目次】
プロローグ
Part I 仕事
Part II 政治
Part III 信仰
Part IV 家族
エピローグ















企業情報 個人情報について