発売日 2005年02月21日(月)

100億稼ぐ仕事術

著者名:堀江貴文(著者)

¥657(税別)

ISBN:
4-7973-3084-8
サイズ:
5AA3B78E-096B-4158-89BA-AE92987F042A
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・堀江貴文

「サイバークリック」「melma!」をはじめとする人気ウェブサービスや、リナックスベースのOS「Lindows OS日本語版」の独占販売、M&Aによる積極的な事業展開などで話題を集めるオン・ザ・エッヂ堀江社長が、自ら仕事術を公開している。7年半で年商100億の会社を築き上げた1972年生まれの若きリーダーは、どんな環境でいかに仕事をしているのか。 「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」の5章からなり、テーマはクライアントを増やす営業のコツ、会議や打ち合わせの時間短縮方法、仕事の効率アップや時間管理術、データ管理や情報収集術、コスト管理法など幅広い。ノウハウは具体的で、営業トークや相見積もり、あるいは健康に関する話題にも及ぶ。業界の最先端ながらも、名刺で話題づくりをしたり、お酒の席での「ノミニケーション」を大事にしたりという地道な部分が印象的だ。 もっとも興味深いのは、「1日平均5000通」を処理するというメールベースの仕事術である。その処理テクニックとして、キーボードショートカットの利用や速読術、内容ごとの分類・処理法などを公開している。また、すべての「タスク(やるべき仕事)」をメール化して自分に送ったり、情報収集や仕事上のコミュニケーションをメーリングリストやメールマガジンで行ったりもしているという。このメールによる一元管理に堀江の真骨頂がある。 このほか、愛用するソフトやブラウザ機能、携帯電話などのツール紹介や、おすすめのウェブ・サイト情報も興味深い。あふれる情報の処理やツールの選択、カスタマイズなどで悩んでいる人や、その一歩進んだ活用法を知りたい人は参考になるはずだ。(棚上 勉)

Twitter

Unable to load Tweets

  • すやすや

    最近ホリエモンに興味がある。というのも、私にないものを持っているからである。それは恐れぬ挑戦心。昔の本ではあるが最近の本でも同じように保険をかけていない。全力でぶつかっている。そして、時間とお金の使い方をよく考えている。その勇気はどこから生まれて来るのか。やはり自信を持つこと。これが日本人には足りない気がする。 続きを読む

  • maimai

    諸行無常。万物は常に変化して同じ原型を留めているものなど何もない。今後その動きは加速して努力をしない人は取り残される。天才と謳われる堀江さんが超がつくほどの努力家であることが本を読んで分かります。またとても人の繋がりを大切にして自分が嫌われても日本を良くしようとする直情な性格に感銘しました。僕も一度きりの人生だから何かに情熱を燃やしたいです。 続きを読む

  • roomy

    彼の集中力ってすごいな。よく寝てよく働く。働くって楽じゃないから面白いのかな。情報は古いけれど仕事に対する姿勢はとても役に立ちますね。ライブラリー本。 続きを読む

すべてのレビューを読む