発売日 2008年07月18日(金)

愛させる技術

著者名:デイビッド・コープランド/ロン・ルイス(著者) 高瀬 直美(訳)

¥950(税別)

ISBN:
978-4-7973-4503-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
672
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・デイビッド・コープランド/ロン・ルイス

訳・高瀬 直美

Twitter

Unable to load Tweets

  • 楽に接していいんだ。

    4.0
    catscradle

    この本の分厚さと目次に惹かれて購入。自信の持ち方の項、目からウロコ。振られて当たり前、断られて当たり前、引かれて当たり前、気持ち悪いって思われて当たり前、ってことを理解することが、自信につながるんですねえ。今までは、素敵な自分になったら、魅力を身につけたら、自信がつくんだ、って思ってました。実際、「どう思われるかは、自分の責任じゃあない」って思って人と接すると、めちゃくちゃ楽で、「ちゃんとやらなきゃ」って思って人と接したときよりも楽しい時間がすごせたりする。こんな感じで本書は、うなずける部分が大半なんだけど、アメリカ人が書いたアメリカ人向けの本ですから、えー?ギャグでしょ?って思う内容もいっぱいあります。そういう意味で星一つマイナス。あとこの本読んでも解決されなかったのが、声のかけ方。良いと思った人には「ハイ」と言え(日本人は日本人なりのハイで)と書いてあったけど、日本で「ハイ」に相当する言葉ってなんなんだろ。そこで悩む私にはまだ愛される資格はない??

  • 5.0
    ななし

    カリスマ・デーティング・コーチによる共著。前著書、「モテル技術」の女性版。本の帯にはこう書いてある。「シンデレラがガラスの靴を忘れたのも・・・実は技術だった?いい女は男を追いかけたりしない。男に追いかけさせるのだ。」結城直也

  • 分厚い参考書

    4.0
    Amazonのお客様

    ネーミングに惹かれて買いました。最初は全然ついていけなかったんですけど、意外にも、自分の恋愛について考えさせられました。自分はどんなタイプの人とお付き合いをすればいいのかとか、客観的に考えることができたので、良かったです。テクニックの部分は、全部を使うことはできないと思うけど、日本人でもできそうなのがあるんで、使ってみようと思います。それにしても分厚いです。

すべての9レビューを表示

関連著者・監修者 商品

発売日2014年02月18日(火)

発売日2008年11月18日(火)

発売日2008年07月18日(金)

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)