SBクリエイティブ

「天使」がわかる

森瀬繚:著者

ミカエル、メタトロンからグノーシスの天使まで

どうして翼を持っているのか? 頭上に輝く光輪の由来とは? 日本語文献だけではわからない「天使」の実像を、聖書やコーランといった根本経典は元より、ラビ文献やカバラ文書、ユダヤ民族の伝承、中世の神秘劇といった数々の文献を縦横に駆使して解説する。

【著者略歴】
森瀬繚(もりせ・りょう)
浅草界隈、墨東エリアに棲息。早稲田大学第一文学部卒業。古書、古雑誌、骨董品、レトロゲーム、レトロパソコンをこよなく愛し、趣味に入れあげて赤貧に喘ぐディレッタント。企画・制作プロダクション「クロノスケープ」代表として、ゲーム企画や設計、書籍・雑誌の編集・執筆など手広く活動。この方面での主著は『図解 クトゥルフ神話』『図解 第三帝国』(新紀元社)、『シャーロック・ホームズ・イレギュラーズ』(エンターブレイン)など。クトゥルー神話関係の著作が、先日、ブラウン大学のラヴクラフト・コレクションに追加された模様。

【2010年冬ソフトバンク文庫ファンタジーフェア開催中!】
詳細はこちら

定価:713円(本体648円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年4月20日(月)
  • ISBN:978-4-7973-5369-3
  • サイズ:CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
  • ページ数:288
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・森瀬繚

ライター、翻訳者。TVアニメやゲームのシナリオ/小説の執筆の他、各種媒体の設定協力や考証まで幅広く手がける。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る