発売日 2009年07月15日(水)

オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活

著者名:鳥羽 徹(著者) 戸部 淑(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-5584-0
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鳥羽 徹

イラスト・戸部 淑

Twitter

Unable to load Tweets

  • 何故?

    4.0
    yumineko

    シリーズ2作目となる訳ですが、1作目では主人公の口調が不自然に偉そうに感じられたのですが、本作では余り気にならなくなっています。(私の慣れもあるかとは思いますが)お約束のギャグが気にならなければ楽しめると思います。個人的には1作目より良い意味で書き慣れてきたというか、次作への期待を抱かせて貰えました。ただ誰も著者に対して「お前はどんだけシャチが好きなんだ!」という突っ込みを入れないのは約束事ですか?シャチの学名は「オルキヌス=オルカ」

  • 4.0
    くまくま

     同じ新人調停員のセシル・ファルコナーと一緒に、オルキヌスの火山にあるドワーフの工房を見学に訪れた稲朽深弦は、またしてもイメージとのギャップに衝撃を受ける。この工房のドワーフからの依頼でサラマンダーの様子を見に行った二人は、マンドレイクが抱えるストレスを解消するため、森で起き始めている対立の解消に乗り出す。 今回は少し大規模な調停をすることになった深弦。数少ない武器を使って、どうやって森の対立を解消するのか。周囲を利用し流れに任せた交渉が行われます。解決のポイントはロケットパンチ!

  • レビュー対象商品: オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫) (文庫)

    もぐら

    著者が一巻の後書きでは「話術で敵を臥せる」と豪語していたのに二で巻言ってる事が変わってるのは如何でしょうか? 今後変なバトル展開になるのだけは勘弁して欲しいです

すべての4レビューを表示

  • 四向居

    少しずつ名が知られ、深弦を手助けしようとするオルカ達がじわじわ増えていくのを見るのが楽しい。土蜘蛛いないのが残念だったけど、モブ子が可愛かったのでよしwマンドレイクが真宵に見えてしまうのは、まぁ仕方ないかな。 続きを読む

  • bluets8

    オルカは全てボケ属性なのか?w 続きを読む

  • とわとわ

    皆を説得する手段としてアレを使うが、あれはペテン。ペテンはその場しのぎにしかならない。後々ばれる可能性が高く、ばれれば調停員としては大きなマイナスポイントになるだろう。 主人公の計算外の出来事によって解決がスムーズになるのも、ずるい。けどもギャグはおもしろい。不満点もそれが若さゆえと考えればむしろ長所なのかもしれない。強引に話を戻すオリーブはえらい。そしてマンドレイクは馬鹿だが偉すぎる。 続きを読む

すべてのレビューを読む