発売日 2019年06月15日(土)

天才王子の赤字国家再生術4~そうだ、売国しよう~

著者名:鳥羽 徹(著者)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-8156-0272-7
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鳥羽 徹

第1回GA文庫大賞にて『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活』で奨励賞を受賞しデビュー。
代表作:GA文庫『天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~』、『幻葬神話のドレッドノート』など

Twitter

  • タイトルは軽いし文章も軽妙

    5.0
    naobecky

    そしてサクサク読めてしまうけど、きっちりと読ませる作品です。軽〜い感じなのにも関わらず毎巻絡み合う人間関係、そして「どうしてこうなった!!?」っていう危機的状況からの展開が良いです。

  • 5.0
    さかな

    前巻が大陸西部が舞台だったのに対して、今回は東の帝国で皇位争いをしている皇子たちを絡めた話です。スケールアップして物語さらに大きく飛躍しています。次巻がいまから楽しみです。

  • フラーニャ入門編

    5.0
    shimauma

    冒頭の触れ込みはでか過ぎました。まだまだ序の口です。兄在りきです。兄妹両方を描くのには、1箇所では双方話が薄くなりそうなので、妹編は別途書かれてはいかがでしょうか。スピンオフ、外伝、ばんざい。後半、ニニムのウェインへの想いの深さが窺えます。また暗雲垂れ込めての引きです。次巻も楽しみです。

すべての9レビューを表示

  • よっち

    新皇帝を決めるため皇子三人による会談が持たれることになったアースワルド帝国。ロウェルミナからミールタース市に招待され、ウェインの代理で妹姫フラーニャ王女が出席する第四弾。ニニムとともに帝国に向かい、最初は戸惑いながらも逞しく成長していくフラーニャ。重度なシスコンのウェインが妹を放っておくわけもなくて、思わぬ事態に巻き込まれてゆくお約束展開でしたが、今回は状況が目まぐるしく変わる中でのそれぞれの駆け引きが興味深かったですね。各方面から執着されて大変なウェインが次はどんな騒動に巻き込まれるのか続巻に期待です。 続きを読む

  • むっきゅー

    妹・フラーニャ巻。いつもは兄・ウェインを待ってるだけの存在だったのが、兄の代理で帝国に外交デビューした結果、もの凄い才能が開花する。王の器、いや革命家?智謀策謀が跋扈する本作において、カリスマを放つ王道キャラ誕生。...こほん、さて、帝国の皇位を話し合いで決めるため、最大の商都ミールタール市で各国の有力者が参集。そこで起きた想定外のアクシデントに対処するウェインとニニムとロワ。皇子3人を巻き込む騒動に発展してという話。この皇子たちの能力を見る限り、ロワの優秀さがずば抜けてるよね。次巻も楽しみー。 続きを読む

  • わたー

    ★★★★★今、一番推している戦記モノ。今回は帝国の皇子たちによる後継者争いに巻き込まれることから始まる。それも、これまで本筋に絡んでこなかったフラーニャをメインに据えてという。そして、彼女もしっかり「どうしてこうなった」になっているところは血筋なのかなと。でも、彼女も頭角を表したことで、どんどん面白くなってきている。次巻も楽しみにしたい。 続きを読む