発売日 2010年04月15日(木)

月見月理解の探偵殺人 2

著者名:明月千里(著者) mebae(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-5935-0
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
368
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・mebae

Twitter

Unable to load Tweets

  • KUWAGATA

    学生の頃ミステリーを乱読していましたが、それと比較しても、ゲームのシステムや謎解きの描写が、群を抜いて難解で、完璧に把握することはできませんでした。私の頭が悪いとか老化を始めているということなのでしょうか。それでも引き込まれるように読了したのは、魅力的な登場人物と、上記以外の描写においては大変読みやすかったためなのでしょうが、どちらにしてもラノベらしくない異色の作品ではありました。80とか81とか、悲しい見栄には涙目に。つるぺったんだって可愛いのに。あと、絵が相変わらず作風に合っていて素晴らしかった。 続きを読む

  • 蛇の婿

    私はバカなので作中に出てくるゲームのルールがほぼ把握できなかったことを告白します。…というか、この作品の謎の本質は限定された極限状況下における殺人者の持つ洗脳の力と演技力に如何に対抗するかだから別にいいよねwww今回は新キャラ登場で月見月理解の毒舌推理がちょい少なめです。なかなかややこしい話でありました…面白かったです。 続きを読む

  • Yobata

    父親の自殺の真実を暴きそのまま去って行った理解。初の所属する放送部に妹が星霧交喙という新入部員を連れてくる。対人恐怖症で人を近寄らせず表情も変えない様な少女で、さらに初を遠ざけ奇妙な行動をする彼女に戸惑うが、彼女は衝撃の事実を語る。初の父親を殺したのは姉の花鶏であり、自分の目的は彼女を殺す事であると。そこに再び現れた理解が花鶏の正体を明かす。それは何度殺しても現れる《ドッペルゲンガー》と呼ばれるスパイで、理解も彼女の抹殺を依頼されているという。花鶏を探す初達は洗脳心理学の上坂教授のシェルター→ 続きを読む

すべてのレビューを読む