発売日 2016年07月15日(金)

最弱無敗の神装機竜《バハムート》10

著者名:明月千里(著者) 春日歩(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8624-0
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・春日歩

『月見月理解の探偵殺人』で、第1回GA文庫大賞《奨励賞》を受賞し、デビュー。
『眠らない魔王とクロノのセカイ』『妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論』等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • フィルフィルートで良いもう。

    5.0
    Amazon カスタマー

    ルクスがフィルフィに恋愛としての好意を持っているような描写があり、フィルフィルート確定か?と思ってしまいますが、メインヒロインは金髪メカニックなのでフィルフィと結ばれないのかと思うと次巻は買うのやめようかと思っちゃいます。全体としてはここ数巻のたるい戦闘や戦闘時のさらにたるい台詞も無く、個人的には持ち直したと思います。

  • 4.0
    うーやんS

    テレビの続きを読みたい人にはお勧めです。登場人物の成長もまあまあでした。

  • 意外な一面が見れるかも

    5.0
    morning

    これまでの巻とは違う一面が見れます特に挿絵はカッコイイです!

すべての3レビューを表示

  • よっち

    世界連合の裏切り者を特定するため新婚旅行に扮してヘイブルグ共和国に潜入するルクスとフィルフィ。一方約定によりヘイブルグが新王国の第一遺跡『塔』攻略を開始する第十一弾。二人きりのラブコメ展開から一転、期せずして対決することになった「鋼の魔女」ローザとの激戦で感じた違和感。後手に回ったことでかなり苦しい戦いが続いて、ルクスのために文字通り身体を張って奮闘するフィルフィや、ヒロインたちが力を合わせて撃退する手助けをする展開は良かったですけど、だからこその気になるエピローグに今後どうなってゆくのか気になりますね。 続きを読む

  • Yobata

    七竜騎聖の中に潜む裏切り者を見つけ出すため、新婚旅行を装いヘイブルク公国に潜入したルクスとフィー。軍人が幅を利かせるヘイブルクで、その親玉とされる「鋼の魔女」ローザと思わぬ激戦が繰り広げられるも、真の「悪たる王」の策略は止まらず…。ヘイブルク潜入回。フィーとの新婚旅行となった今回、エプロン奉仕やお風呂など,それなりのラブコメハプはあったけど、ルクスがフギルに言われた事で“誰かを救う道”を歩み続けることにモヤを感じていたり,フィー自身がいつもの調子なので、そこまでラブコメ的には盛り上がらなかったかなw?→ 続きを読む

  • 真白優樹

    幼馴染と共和国に潜入する中、戦いが巻き起こる今巻。―――揺らぐ正義、揺らぐ想い。そして少年は自らの想いを見つける。敵である根底からの悪に突き付けられた自らの正義、自らの道への否定。それを前にルクスは思い悩むもフィルフィの優しさ、そして仲間達の想いを力に再び自らの道を定め歩き出す。そんな彼の前に立ちふさがるは終末を告げる獣、そして暗き思惑。天上に住まう者達が動き出す中、最強の騎士も不穏な思惑を見せる。数多の陰謀が蠢く中、状況は終焉が迫る中、どんな方向へと進んでいくのだろうか。 次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む