発売日 2017年04月15日(土)

最弱無敗の神装機竜《バハムート》12

著者名:明月千里(著者) 春日歩(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8811-4
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・春日歩

『月見月理解の探偵殺人』で、第1回GA文庫大賞《奨励賞》を受賞し、デビュー。
『眠らない魔王とクロノのセカイ』『妹様による、俺ルート攻略・ラブコメ理論』等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • よっち

    ソフィスの離反によって難局を迎えた遺跡攻略。束の間の待機を余儀なくされ、七日後に迫る学園の聖夜祭準備に盛り上がるルクスたち。一方で残された遺跡『月』に現れた不穏な影が策動する第十二弾。一般学生には危機が知らされぬまま、聖夜祭の準備で絆を深めるルクスと少女たち。一方でなかなか埋められないソフィスとの距離。ひとつひとつのエピソードに終盤に向けて物語が整理され、ひとつの方向に向かってゆくのを改めて感じた今回でしたが、ルクスに思いを寄せる少女たちに対する答えがどのようなものになるのかもまたちょっと気になりました。 続きを読む

  • 真白優樹

    一時の休息を強いられる中、敵側の少女を捕らえる今巻。―――蠕動する思惑、そして知る真実。最終決戦へ向けての一時の休息、そして状況の整理となる今巻は、何度も激突した竜匪賊との決着をつける巻でもあり、大聖域への道を開く巻となっている。少女達と絆を結び、策を巡らし道を切り開くルクス。そんな彼の前に、真実の一端が示され、全ての真実を知った彼女が立ち塞がる。敵として彼女も復活し、危機的な状況が更に続く中、大聖域に秘められた真実とは人々を何に駆り立てるのか。動き出す敵の先、待ち受ける戦禍とは。 次巻も楽しみである。 続きを読む

  • ダイ

    前回、裏切り者として動き出したソフィスが中心の話でしたが、それと同時に物語が大きく進んだ巻でした。前半はルクスがヒロイン達の仲を深め合う一方で、マギアルカが捕縛したソフィスを監視しながら説得をする話でした。そこでソフィスの恥ずかしい所を見てしまうルクスは流石でしたね。後半は竜匪賊や終焉神獣との決戦でしたが、特にリーシャが大活躍でした。最近は戦闘の見せ場が少なかったので嬉しかったです。また、ルクス達の行動と言葉で無事にソフィスとも和解出来て良かったです。次回は遂に正体を明かしたコーラルの話になるみたいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む