発売日 2011年03月18日(金)

南極の中国艦を破壊せよ!(下)

著者名:クライブ・カッスラー、ジャック・ダブラル(著者) 伏見威蕃(訳) 浅田隆(漫画)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6019-6
サイズ:
文庫
ページ数:
324
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・クライブ・カッスラー、ジャック・ダブラル

訳・伏見威蕃

漫画・浅田隆

Twitter

Unable to load Tweets

  • カッスラー初の暴挙?

    4.0
    おこじょ

    「QD弾頭」からのカッスラーファンですが、このような結末は初めてです(たぶん)。オレゴンシリーズであって、ダーク・ピットシリーズとは違うとはいえ、うーん、いくら何でもひどい。他に方法は無かったのでしょうか・・・残念。ネタバレ?にならないようにこれ以上は書きませんが、ビックリです。それはおいといて、いつも通り過去のエピソードから始まりますが、そこで大問題。エンジン式のポンプで水をくみ上げるシーンなのですが、水面はポンプより約200フィート下。つまり、約60m。この状態でポンプを起動しても水は上がってきません。ポンプで汲み上げることができるのは10mです。ちょっと考証?がたりませんでしたね。そういう問題?はありますが、カブリーヨ達の活躍はいつも通り、オレゴン号のぼろさと凄さもいつも通り。一気に読んでしまいました。

すべての1レビューを表示

  • yasu7777

    ★★★★☆ 南極製油所襲撃場面が豪快なアクション。そしてカブリーヨのメールが最高! 続きを読む

  • Richard Thornburg

    感想:★★★★★  最後の最後までアクション満載で面白かったです。  カッスラー先生の作品で時々登場する『南極』なのですが、確かに氷で閉ざされた世界は人の棲む場所ではないかもしれないけど、何か秘密も一緒に凍らせて閉じ込めていそうでミステリアスな部分はありますね。  ラストはホントに胸のすくような大作戦!!!  最後の一行は・・・コーポレーションの会長さん、お茶目ですね(笑) 続きを読む

  • やぶやぶ

    ★4 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)