発売日 2014年03月18日(火)

ブラック・リスト -極秘抹殺指令-(上)

著者名:ブラッド・ソー(著者) 伏見威蕃(訳)

¥780(税別)

ISBN:
978-4-7973-7486-5
サイズ:
文庫
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ブラッド・ソー

訳・伏見威蕃

【著者】ブラッド・ソー(Brad Thor)
1969年米国シカゴ生まれ。ベストセラー作家。サザンカリフォルニア大学でクリエイティブ・ライティングを学ぶ。プロデューサー、ライター、テレビ司会者などを経て、2002年にThe Lions of Lucerne(邦題『傭兵部隊〈ライオン〉を追え』)でデビュー。世界中で作品が出版されている。保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」のメンバー。

【訳者】伏見威蕃(ふしみ・いわん)
翻訳家。早稲田大学商学部卒。訳書に『暗殺者グレイマン』マーク・グリーニー(早川書房)、『絶境の秘密寺院に急行せよ!』クライブ・カッスラー、ジャック・ダブラル(SBクリエイティブ)、『ビン・ラディン暗殺! 極秘特殊部隊シール・チーム・シックス』ハワード・E・ワーズディン、スティーブン・テンプリン(朝日新聞出版)、他多数。

Twitter

  • なかなかいいです

    4.0
    アーバンゲリラ

    いきなり暗殺者の集団に襲われた主人公ハーヴァス。上司のカールトンも別の場所で激しい襲撃を受ける。アメリカの極秘ミッションをこなしてきたカールトンの会社に何が襲い掛かったのか。ハーヴァスとカールトンの復讐と戦いが始まる!という話。CIAの出先機関の要員スノーデンが暴露した電子情報盗聴事件を彷彿とさせるアクション巨編。この著作の前作があまり好みではなかったのだが、これはアクションの描写もなかなか迫力があり楽しめる。また敵役の個性が非常に光っており、興味深く読める。下巻が早く読みたくなります。字が大きめなので結構すぐ読破できてしまいます。1冊にして安くして欲しかったな。SB文庫は、本作やマット・リンのデス・フォースシリーズなど、海外の良質なアクション小説を最近翻訳してくれているので助かります。他の作品も是非翻訳してほしい。

すべての1レビューを表示

  • Yoko

    ビッグデータの活用だ、便利だと言われるまま安穏としていることに不安を覚えるテーマ。国家による監視社会と悪意ある情報管理でいとも簡単に善も悪も歪められていく様。孤立無援となっていた面々がこの後どう勝負に出るのか期待。 続きを読む

  • Richard Thornburg

    感想:★★★  国家の顏でもある軍隊でさえ外注に出されるご時勢ですから、民間情報組織というところが今風な感じがして面白いです。  主人公はそんな民間情報組織に所属しているプロフェッショナル。  今流行の9mm弾をバラ撒くのではなくて、45口径弾を使ってるあたりがシブいですね~  …ってことは、表紙絵のGLOCKは17ではなくて21だな。  話はまぁ面白いのですけど、変な日本語とあからさまな誤字が気になります…  話が一つになってきたところで下巻へ。 続きを読む

  • 陸奥☆独り旅

    アメリカ、NSAやCIAが、対テロの名のもとに巨額の予算を使って情報収集活動を行い、関連予算で周辺に多数の軍事情報企業が跋扈する。その中で、軍事エージェントの男が構想に巻き込まれ…という筋立て。アメリカの諜報活動のすさまじさは、さまざまなメディアで描かれている。と、言う意味でこの本はすでに新味に欠ける。『トップシークレット・アメリカ』や最近のスノーデン絡みの本(未読だが)の方がずっと面白いだろう。既に事実は小説よりも…なのである。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)