発売日 2015年03月17日(火)

[Si新書]がん治療の最前線
もしあなたや大切な家族ががんと診断されたらどうすべきか

著者名:生田 哲(著者)

¥1,100(税別)

ISBN:
978-4-7973-6131-5
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・生田 哲

1955年、北海道に生まれる。薬学博士。がん、糖尿病、遺伝子研究で有名なシティ・オブ・ホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)などの博士研究員を経て、イリノイ工科大学助教授(化学科)に。遺伝子の構造やドラッグデザインをテーマに研究生活を送る。帰国後は、生化学、医学、薬学などライフサイエンスを中心とする執筆活動を行う。著書に、『脳は食事でよみがえる』『よみがえる脳』『脳と心を支配する物質』『がんとDNAのひみつ』『ウイルスと感染のしくみ』『マンガでわかる自然治癒力のしくみ』(サイエンス・アイ新書)、『脳地図を書き換える』(東洋経済新報社)、『心の病は食事で治す』『食べ物を変えれば脳が変わる』(PHP新書)、『ドキュメント 遺伝子工学』(PHPサイエンス・ワールド新書)、『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社+α新書)、『日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識』(角川oneテーマ21)、『初めの一歩は絵で学ぶ 生化学』(じほう)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

がん治療の最前線"]
  • 栄養療法を薦める

    5.0
    mozartfan

    イリノイ大学薬学部の准教授だった生田哲氏の著作は英語の文献も広く参考にしており、信頼をおいてきた。その著者が脳によい食事法に次いで、がん治療にも栄養療法が最良という主張を強く打ち出した本である。最初に乳製品を避け、食事療法で乳がんの再発をとめたジェイン・プラント、余命6ケ月を宣告されたものの食事療法で膵臓がんから回復した裕子さん、夫の末期がんを食事療法で沈黙させた妻の例が紹介されている。栄養療法に期待を持たせる例であるが、実際の治療現場では栄養療法は無視されている。著者はその原因を効果がゆっくり現れること、製薬会社の販売戦略、医学教育における軽視などを挙げている。そのため医師が選ぶ治療は手術、放射線、抗がん剤の3つになってしまっている。しかし、がん細胞とて生きもの、栄養が無くては拡大できない。したがって、がん特有の血管新生を抑制する栄養、がん因子を摂取しない栄養が食事療法・栄養療法が重要だという主張になる。まとめは本書の第38項「デトックスを助ける」(162頁から。デトックスとは解毒のこと)と次の第39項「がん患者が摂取したい食べ物と控えるべき食べ物」(166頁から)に書かれている。果物と野菜、青魚、真水、オリーブ油、緑茶、コエンザイムQなどが勧められている。食事療法は誰にでも可能な「医者いらず」の方法である。本書が希望をもたらしてくれるのはその点である。

  • ニコライさん

    タイトルだけ見ると、先進的ながん治療を総花的に紹介した本のようだが、実際には著者の提唱する栄養療法の紹介本である。栄養療法自体は決して胡散臭いものではなく、セブンスデーアドベンチストキリスト教会(創始者の聖書解釈により、自然食・菜食や栄養素を多く含む食事を薦めている)、アメリカのポーリング(ビタミンCの研究でノーベル賞受賞。ビタミンC の万能性を主張)、日本では津田塾大名誉教授の故・三石巌先生(ポーリングの日本における紹介者で、ビタミンCに加え、高タンパク食、微量栄養素の重要性を主張)が提唱し、一定の成果を収めている。必要な栄養素が不足しているのだから、免疫や酵素がうまく働かない結果、がんが発生したり、排除されないのだというのが概ね共通した理屈であり、データを出すまでもなく感覚で納得できる。生田先生の本は、栄養療法に更なる科学的根拠を与えようというものである。がんと診断されたら、ただでさえ抗がん剤や放射線照射の副作用で、ビタミンやミネラルが破壊され、食欲も落ちて摂取不足するのだから、補酵素として重要なビタミンやミネラルを<有益無害な範囲>で多量摂取するのは理にかなっている。問題は、ポーリングに関しての追加研究で、少なくとも経口大量摂取の場合、ビタミンCは決して万能薬ではなく、下剤程度にしかならず、食生活によってはむしろ大腸がんの危険因子になったことと、その問題を回避するため、点滴による経静脈接取を行なうクリニックの中には、自由診療なのを悪用して、原価数百円の治療に数千円の医療費を請求し、がんそのものについてのフォローもろくにしていない輩がいること。また、βカロチンのように、後の研究で大量摂取の有害性が判明した栄養素があることが挙げられよう。栄養療法は大事だと思うが、補助的に用いてこそ有効である。

すべての3レビューを表示

  • とおる

    ふだんの食事の中に、いかにがんに立ち向かう物質が入っているかがよく分かった。現代の医学では、手術、放射線、抗がん剤の三つだけしか、標準治療として認められていないが、その他にも、可能性のある治療はあること、食を見つめ直すことの大切さに改めて気づかせてくれた。 続きを読む

すべてのレビューを読む