発売日 2010年12月15日(水)

月見月理解の探偵殺人 4

著者名:明月千里(著者) mebae(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-6285-5
サイズ:
文庫
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・mebae

Twitter

Unable to load Tweets

  • 推理小説ではありません。

    3.0
    コトノハ

    やはり推理ものとは言えないのではないか。今巻は特に。読者に推理の余地があまりない。登場人物の推理の後を追うばかりだ。著者も読者に推理させるつもりで書いてはいないのだと思う。一巻は普通の推理小説として読めたのだが。無理に探偵ゲームに絡ませなければ、もっと良い作品になると思われる。それと一巻の頃からだが、主人公"都築初"が著者の都合の良い自己投影先であるようで、鼻につく。時々著者が憑り移っているかのような印象を受ける(笑)。あと著者はたぶん、DQNっぽい人物像が嫌いなようだ。キャラクターが中々魅力的なので今巻もつまらないわけではない。

  • 4.0
    くまくま

     妹の遥香が探偵殺人ゲームに関わっているという話を星霧交喙から聞いた都築初は、宮越明里と一緒に、遥香の動向を探っていた。そんな彼らに近づいて来たのは、グラウンド・ゼロと名乗る、黒の箱庭というゲームコミュニティの創設者だった。遥香を実質的な人質にされ、探偵殺人ゲームへの参加を強制される初は、ゲーム会場で月見月理解と再会する。 リアルな世界で繰り広げられる、探偵殺人ゲーム。そこでの失格は現実の参加者にも危害をもたらしかねない。そんなプレッシャーの中、妹を、仲間を護りつつ、理解と初を狙って来る何者かとの息詰まる神経戦が続くのだった。 3巻までは初を嫌悪し恐怖して近づこうとしなかった遥香が、彼らの家族を襲った事件の真相をエサとして、舞台に引き込まれる。そしてその事実をエサに初が誘い出されるという構造がある。そんな、誰かに対する感情の結果として集められた人々が、騙して言いくるめてハメるという心理戦ゲームに参加して勝たなければならないという所に皮肉がある。 いよいよ物語の中心は、月見月家の秘密に挑むことになりそうだ。

  • レビュー対象商品: 月見月理解の探偵殺人 4 (GA文庫) (文庫)

    カササギ

    1巻で探偵殺人ゲームは作品上の演出、装飾レベルでしたが、今回は探偵殺人ゲームを本格導入!で様々なやり取りが楽しめます。2巻の脱出ゲームよりも心理戦、会話による攻防が楽しめます。キャラの活躍も見所、理解はかっこいいし、交喙はかわいい!そして妹の遥香も!あと宮越さんが今回は出番があって良かったw次回も楽しみです。

すべての4レビューを表示

  • Yobata

    『探偵殺人ゲーム』に連勝している存在、それの名は月見月家の別荘で聞いたのと同じ《グラウンド・ゼロ》だった。因縁深いゲームに現れたことに懸念していると、なんと妹の遥香もとある「友達」に紹介され、探偵殺人ゲームに参加して、勝てば全てが叶うというコミュニティ「黒の箱庭」に興味をしめしているという。その友達を探ろうとした時、初の前に現れたのは黒の箱庭のコミュニティ創設者グラウンド・ゼロ本人だった。初と宮越の他に、グラウンド・ゼロが協力しているというドッペルゲンガーを追い交喙,初を探偵殺人ゲームに誘った杵島一史の→ 続きを読む

  • KUWAGATA

    相変わらず探偵殺人ゲームの仕組みがよくわからん。いや、ちゃんと読み返せばわかるとは思うんですが、こういうのは次の展開がどうなるのかハラハラしながら読み進めていくべきだと思うので、追い詰め、追い込まれたりする言葉の応酬の意味をいちいちページを戻って確認したりしてるだけで興が削がれるというか。登場人物は個性的だし全体の流れとしてストーリーは面白いし、ほんと、そこだけがもったいないと思う。あと、簡単に人が死にすぎ。それはともかく、いよいよクライマックスが近づいてきましたね。今後の展開が楽しみです。 続きを読む

  • 蛇の婿

    3巻目の感想で、妹ちゃんと宮越さんの出番が少ないぞ!と書いたら、実は4巻目にしっかり用意されていたというw。今回は話の展開上、理解の毒舌はほぼ冒頭の部分にちょっとあるだけ…う~む…さみしいww//この巻は色々、いろいろ演出上突っ込みたいところとかあって、ちょっと不満が残っています。せっかく宮越さんって言う普通の人をゲームに参加させたのに、脱落者がゲフンゲフンなのだからもっとさぁww、とか、交喙ちゃんの心配ももっとしてあげようよとかww、…いや、まあ、十分面白かったんですけどねww。さて!次巻、最終巻です! 続きを読む

すべてのレビューを読む