発売日 2011年06月15日(水)

月見月理解の探偵殺人 5

著者名:明月千里(著者) mebae(イラスト)

¥660(税別)

ISBN:
978-4-7973-6558-0
サイズ:
文庫
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・明月千里

イラスト・mebae

Twitter

Unable to load Tweets

  • すばらしい

    5.0
    九十九筑菜

    最近、1巻から読み始めたのですが、素晴らしいです。特に4巻、5巻が!人狼ゲームを元にしたと思われる探偵殺人ゲーム。心理戦と駆け引き、普通の推理モノとはひと味もふた味も違う作品です。ヒロインである月見月理解も最初はなんだかなぁ〜と思っていましたが、話を進めていくうちにどんどん好きになってきました!!この作品はアタリです!!

  • 4.0
    さなさな

    年初に一巻をタイトル買いして読後、すぐに一気に揃えました。個性のあまりない主人公に、ぶっ飛んだヒロインという一見ありがちな設定ですが、読み進めていくと、全ての登場キャラがとても魅力的な事がわかりました。各巻、作品オリジナルのゲームを主人公達が行う事になり、そのルール、キャラの駆け引きは難解ではありますが、その分、ピースがカチカチとハマっていく感は途轍もなく気持ちいいです。ライトノベルとしてはかなり上質の緊張感、推理要素が入っており、5巻で終わってしまうのはとても勿体無い魅力的な作品だと思いました。同作者さんの他の作品にもこれから手をだしてみるつもりです。

  • レビュー対象商品: 月見月理解の探偵殺人 5 (GA文庫) (文庫)

    zamugen

すべての3レビューを表示

  • 蛇の婿

    シリーズ最終巻。一気に読んでしまいました…内容についてはいろいろ感想があるのですが、ネタバレに付き大幅に割愛…大変面白く読ませて頂きました。理解可愛いじゃないか理解。特に第1ゲーム中盤から物語ラストにかけての理解…ってほぼ全部ですか。もともと一作目で彼女のキャラに惚れ込んで以来ずっと好きでいるシリーズなのですが、今作の理解の壊れっぷりは読んでいて特に素晴らしいw もう彼女の毒舌をこれきり味わえないかと思うと寂しくてたまりませんね…そしてれーくんの願いは…おそらくあの時にも発動していたのだろうな、とww 続きを読む

  • KUWAGATA

    面白かったけれど、何というか、あまりに人が無造作に死んでいくのがちょっと…。脇役キャラにも描かれていない人生があるわけですよね? なのにストーリー上の必然性もさしてないのにポコポコ死んでいくので、最初はほんとに死んだのか信じられなかったほどです。最後、初と理解がどうやらハッピーエンドを迎えたのはほっとしたけれど(願い箱で予想はついていましたが)、どこかでちょっとわだかまりが残ってしまいました。難しく考えず、あくまで物語だと単純に楽しめばいいのでしょうが、そういう描写なしでも十分面白かっただけに、残念です。 続きを読む

  • nayu

    完結だぁ。満足だー。また最後の最後にさらっととんでもないようなことを言ってしまうあたり、最後の最後までこの作品のテーマ的な何かを貫き通したって感じが良いですね。なかなかの傑作じゃあないでしょうか。 続きを読む

すべてのレビューを読む