発売日 2011年10月15日(土)

本当はスゴい国?ダメな国?日本の通信簿

著者名:八幡和郎(著者)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-6612-9
サイズ:
新書/1色
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・八幡和郎

Twitter

Unable to load Tweets

  • ちょっと官僚を高く評し過ぎ

    4.0
    kat

    著者自身の履歴のためか、官僚寄りの考え方をする人間の評価がどうしても甘くなり、逆らう人間は政治が分かってないと評される面がある。内容は面白いし、知識欲も満足されるが、別の面からの評価とぶつけてみたい気がします。著者の勉強ぶりはいつもながらすごいの一言です。

  • 4.0
    fmi

     この著者は、経歴から見る通り、そもそも官僚崩れの視点で書かれている物が多いので、そもそも公務員向けの本で、企業に勤めている人が読んでも、面白い物ではありません。公務員が読めば共感する部分が多々あり、そういう意味では読者を選びます。「江戸時代」なんかその最たるものでしょう。 それに比べると、この本は、分析が冷静で中立的です。また、官僚で留学経験、在外勤務経験者としての、各国評は一読に値します。むしろ、この本は、日本がどのくらい駄目なのかなどを読むより、どこの国でも似たような弱点を持っている、または日本には無い欠点があるという、各国の弱点を冷静に公平に、まあ著者なりに分析している所に価値があります。 あと、国際機関が出してるカタログスペックのような数字を、はなから信用していない事が内容のあちこちから伺えます(特に食糧自給率)。これも好感が持てます。そのかわりに著者独自で勝手な数字を出していますが、これは著者の主観が入っているので、あまり深く考えなくても良いでしょう。 特にわが国の巨額な債務の分析は、最近の不思議な円高に対する一つの回答として、またわが国の司法が意外と信用できない点、ネット問題にも繋がるのですが「集団内の悪平等と集団外の格差」は、一読に値します。 著者は、他の本でも書いていますが、北欧の高福祉は決して天国などではなく、米国の「開放さ」には高い評価を与える一方、他の項目では、米国の欠点を多く書いています。わが国のことよりも、他の主だった国々の長所以上に、弱点を分析した点を重要視し、星四つとしました。世襲だらけの政治家マップ (廣済堂新書)

  • どこのお家も何かと大変なんです

    3.0
    きんちゃん。

    2012年5月読了。不景気、失われた20年、株価・国債価値下落、円高(円安)、政局不安定、災害・・・なんだか、気が滅入る話ばかりのわが国だが、客観的にみた実力はどれくらいのものなのか?「政治・歴史」「安全・軍事」「経済・産業」「社会・医療」「環境・エネルギー」「教育・文化」「生活・IT」についての30項目で、欧米主要国および、ロシア、中国、韓国の計10か国でランキングをつけてある。これによると我が国は、総括としては、落ち目ではあるけれども、現状では決して悪い国ではない。順位はともかく、この本を読んで感じることは、どの国にも強みがあり弱みがあるということだ。特に弱みについては、どの国の事情も何かと大変なのだ。国内の(玉石混淆の情報に右往左往して)雰囲気だけで自虐的になったり、下を向いて歩くのだけはやめたいものだ。そう思えたら、この本を読む価値はあった、というものだろう。ところで、読んでいる途中で気になったことがあった。なんだかフランスのことがやたら持ち出されるなぁ、と思って著者略歴を見ると、通産省入省後、フランスに留学とある。だから、あの順位か。なるほど・・・。

すべての9レビューを表示

  • Humbaba

    自国だけを見ていても、どこに問題が有り、どこが優れているのかはわからない。他国と比べることで初めてそれを評価できるようになる。全てが完全に揃っている国と言うのは存在しないが、多くの国を多角的に評価していけば自然とそれぞれの国の特色というのが見えてくる。 続きを読む

  • 浜野誠也

    他国比較は意味あるような、ないようなと読んでいて思った。参考にはなるが、今に至る経緯や歴史が国ごとに違えば、目指す方向性も変わるなと。とりあえず日本の政治家しっかりせぇ 続きを読む

  • Humbaba

    その国のことだけを考えていても、どのような良さと悪さがあるのか見えてこない。他の国々と比べることで、初めて正しい評価ができるようになる。何が優秀でどこに問題があるかを明確にすることで、何を伸ばして何を補っていけばよいかについてよく考えられるようになる。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年04月04日(土)