発売日 2013年08月17日(土)

本当は偉くない?世界の歴史人物
世界史に影響を与えた68人の通信簿

著者名:八幡和郎(著者)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-7448-3
サイズ:
新書/1色
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・八幡和郎

八幡和郎(やわた・かずお)
1951年滋賀県大津市生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授をつとめるほか、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。ソフトバンク新書から『本当は謎がない「古代史」』など、「本当は」歴史シリーズを刊行。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 『偉くない』ことを揶揄したものでなく歴史人物列伝

    4.0
    LAW人

    本書のタイトルは『本当は偉くない』とあって、歴史人物を揶揄したような印象を受けるが実質的内容は歴史上の(正当な)人物列伝であり、当該人物の生没、史的位置付け、歴史的功罪、エピソードなどにつき、(Kindle版なので感覚的なものだが)概ね1200〜1500字ほどで纏められている。当該人物の評価は「偉人度」と「重要度」について、著者の主観から10段階の通信簿が付される。構成・内容は、アマゾン商品ページ(この上の方)の「内容紹介」と「出版社からのコメント」が詳しいのでそれに譲る。前述のように人物によって解説の濃淡はあるが、主要な事績や政策、エピソード等を中心としており、歴史を紐解く上で一般的に名前の仄聞される人物は大凡そ網羅されていると言って良いだろう。通信簿は10段階評価だが、上記の出版社のコメントを良く読むと判るように、いわゆる“オール10”の優等生はいなかったようである。尤も「重要度」と「偉人度」の2教科ではある。個人的に意外な好成績の人物は「リシュリュー」で19点、これは私の不勉強によるかもしれない。他に19点はリンカーンやナポレオン(ボナパルト)などがいる。反面意外に成績が思わしくなかったと思うのはエリザベス1世の13点、ルイ16世でさえ11点なので私の評価が高すぎる?……著者は彼女をして「安全運転に徹した処女王」と評しているが、彼女が“大英帝国と結婚した”と言ったかどうかはともかく、私の評価では大英帝国発展の礎を築いた人物と観るので、なんとか及第点(6割超え)では若干寂しい(笑)。それはさておき、通信簿の対象ではないが、6個の地域別カテゴリに分けた「世界各国のローカル・ヒーロー列伝」が別途展開され、本文トピックに漏れた人物も取り上げている。楽しく読める人物列伝と言えよう。

  • 2.0
    TATA

    特段目新しい話はなし。多少の歴史好きなら既知のエピソード等ばかりでがっかりでした。

  • 世界は多彩な人材

    4.0
    ナポレオン

    八幡教授の博学の賜物で一読の価値あり。特に近世以降の人物評が参考になる。

すべての3レビューを表示

  • kurayamadasoga

    同じ著者の『本当は偉くない? 歴史人物 日本を動かした70人の通信簿』に比べて少々退屈に感じたのは当方が日本史に比べて世界史に興味が薄く、特に本書前半の人物についてはほとんど知らないためだろう。一人の人物を新書2~3ページ内に収まるように紹介するには限度があり、読む方にもある程度の基礎知識を持って臨まないといけないと思う。余談ながら著者のEUに対する評価は楽観的過ぎるとも。 続きを読む

  • にきゅ

    特別に何も感じなかったなー。どこでやめても良いかな、という気持ちで図書館で借り、実家に帰る飛行機の中で読んだ。子どもの頃、ポプラ社の伝記を読むのが大好きだった。大志を抱いていた(笑) 続きを読む

すべてのレビューを読む