SBクリエイティブ

本当は謎がない「幕末維新史」

八幡和郎:著者

幕府再生はなぜ失敗したのか?

幕末・維新の時代から
現代日本が抱える課題が見えてくる! 

坂本龍馬が暗殺された理由は?
なぜ尊皇派と攘夷派に分かれたか?
幕府改革はどうして挫折した?
会津や新撰組の悲劇はなぜ起きた?
── 幕末維新の日本で何が起こっていたのか。幕末・維新の日本で起きたことは、現代日本を語るうえでもヒントになる。世界史上でまれに見る大事件といわれる明 治維新を成功させた志士たちの「成功の方程式」と、天下泰平の絶頂からわずか10年あまりで滑り落ちた江戸幕府の「失敗の本質」がいま明らかに。

■目次:
第一章 天下太平の絶頂から衰退は始まった
第二章 黒船リスクを「想定外」にした徳川官僚組織
第三章 関ヶ原のリベンジと薩長土肥
第四章 新撰組は警察に雇われたヤクザ
第五章 坂本龍馬は会津に殺された
第六章 明治維新が世界史的事件であったわけ

定価:836円(本体760円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2012年9月15日(土)
  • ISBN:978-4-7973-7118-5
  • サイズ:新書/1色
  • ページ数:272
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・八幡和郎

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る