発売日 2012年07月18日(水)

心が折れそうなときキミを救う言葉

著者名:ひすいこたろう・柴田エリー(著者)

¥666(税別)

ISBN:
978-4-7973-6646-4
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ひすいこたろう・柴田エリー

Twitter

Unable to load Tweets

  • チカラをもらえます。

    5.0
    masayo

    世界の偉人たちも失敗や困難がたくさん降りかかる中、成功をつかんだんだなと感じます。そうだな〜と納得したり、そうなんだ!と新しい発見があったり、うまくいかないとき、落ち込んでる時チカラをもらえます

  • 5.0
    miyu

    何かがある度に、この本を開いてみます。疲れた心を救ってくれますね。さあ、明日も電車に揺られて出勤します。

  • 良い本です。

    5.0
    大上勉

    内容が濃く今後の人生に必ず活かしたいと思います。おすすめの本です。

すべての31レビューを表示

  • いずむ

    境遇を嘆くコトなら誰にだってできる。ならば、どんな境遇なら頑張れるんだ。何が足りないから頑張れないんだ。挫けていじけて落ち込んで。その時、ボクらがいた場所は、本当にどん底だったか。駆け抜けて這いずり回って。手に入らなかったモノは、それでも触れられないほど遠くにあったか。「目を覚ませ。現実を見ろ。」そう、現実を見るのだ。何かを成し遂げた人は何度倒れ、何度立ち上がった?すぐにうまくいくハズ?それこそが、”夢を見てる”ってコトだ。9999コの絶望に支えられた、たった1つのヒカリ。偉業って、きっと、そういうコト。 続きを読む

  • 村越操

    偉人たちが、どんな言葉でどんな復活劇を演じたか。超プチ偉人伝、読みながら自分も勇気づけられる、そんなテイストです。「バカなことは本気でやらないとダメだ(赤塚不二夫)」「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である(エジソン)」「牢屋に入れられたのなら、牢屋でできることをすればいい(吉田松陰)」「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない(平櫛田中)」「僕らは100年後、この地球にいません。つまり、得たものは、すべて手放す日がきます。そう考えると、何かを得ることが人生ではないことがわかります」 続きを読む

  • 紅香

    偉人達は不安、悩み、絶望からどう切り抜けてきたか。32人の復活劇。。私が不安に思うもの①失敗:『自分のためを思ってるとき、生まれるのは恐れ。誰かのためを思っているとき、生まれるのは勇気』『失敗は発見』②未来:『未来の心配は未来に任せればいい。私は今を生きる!』今という瞬間を大切に。誰かのためになら怖さも勇気に変わるような気がする。失敗も知ることに繋がると思えば怖くない!『人生とは嵐が去るのを待つ場所ではなく 雨の中でもダンスをして楽しむことを学ぶ場所である』byヴィヴィアン・グリーン。心が軽くなる一冊。 続きを読む

すべてのレビューを読む