発売日 2012年08月18日(土)

人生が変わる!賢いお金の使い方

著者名:逢坂ユリ(著者)

¥648(税別)

ISBN:
978-4-7973-7011-9
サイズ:
文庫
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・逢坂ユリ

逢坂ユリ(あいさか ゆり)
ニュー ヨーク大学卒業。モルガン・スタンレー・アセット・マネジメントで資金運用・トレーディング部門に所属後、ゴールドマン・サックス証券で金融法人向け外国 為替カスタマー・ディーラーおよび債券セールスを経験。ドイツ証券では事業法人営業部に所属し、資金の運用業務に携わる。2005年に独立後は投資に関す る書籍の出版、雑誌連載、また経済見通し、資産運用、営業、モチベーション・アップなどの講演などを精力的に行なっている。2007年からは経済専門番組 の日経CNBCでのレギュラーコメンテータやラジオのパーソナリティとして活躍。2011年からはTBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に、毎週水曜日 のレギュラーコメンテーターとして出演中。主な著書に『夢と幸せを実現するお金のつくりかた』(ダイヤモンド社)、『5分で人生を変える時間術』(徳間書 店)、『あなたを幸せにするお金のレッスン80』(成美堂出版)がある。著書多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 女性が努力して成功した話

    5.0
    aki

    会話形式でさらっと読めます。著者はいわゆるキラキラ系の女性だろうなぁ。けどそんな言葉で括られたくないだろうほどの努力をしてる。英語ができないところから勉強して、留学して向こうで就職して…のところが印象に残ってる。なんかふとまた読みたくなる本です。

  • 5.0
    maui

    「お金の」とあるが実際は、女性が向上心を持ってビジネスの世界でいきていくための「金と時間と人たらしのテクニック」の本でした。「気の強い女性による世渡り論」ともいえそうですが、意外と読後感がいい。ビジネス本やマネー本は読んでも、何度も読もうと思う本は少ないのですが、この本は繰り返し読んでしまいそうです。 著者は魑魅魍魎が跋扈する外資の証券業界(勝手な私の偏見ですが)で実際渡り歩いてきた女性です。しかも、日本での就職ではなく、ウォール街での就職からのキャリアスタート。それまでの努力もそうだし、その中で継続して仕事をするという腕と努力は素直に尊敬します。 そして、他人との付き合い方のクールな割り切りは(全てを最終的な損得まで見据えて動いている!)正直引くほど。私はこうはなりたくないと思いつつ、でもそこが自分の甘さなんだろうなと思ったり。そしてぐるっと一周回ったあとに「やっぱりこの人はすごいな」と思わせる内容。 正直この本の前半半分は引き気味で読んでいました。でも一歩間違えば「引いてしまう」程の話を惜しみなく伝える姿に「本当はこの人は暖かい人かも」「人間味あるんだろうな」と思わせる人です。「そんなベタなことしたなくない」とか「そこまでストイックに勉強には打ち込みたくないわー」とか思いつつ、でもその「ベタ」ができるからこそ成功につながったのだろうなと考えさせられました。自分に対してはストイック、そして他人との関係に心をつくす努力(悪い言葉でいえば媚びるとも思えるほどに)はえげつないほどにリアルなのかもしれないです。

すべての2レビューを表示

  • しゅーまる

    自己投資の重要性について触れている。自己投資は年収の最低10%以上は確保すること!簡単で確実、効率的にスキルアップできる方法は読書である。さらに、確実にキャリアップしたいなら、英語の習得は最も価値が高く、万能なスキルだと紹介されている。読む本は、20代なら質より量で「ビジネス書」「自己啓発書」をたくさん読む。30代は量より質を意識し、息抜きに小説、歴史、推理モノを、さらに興味のある分野を集中的に読んでいくことが勧められている。読んでいて、自分がしていることは間違いないんだと再認識させてくれた。 続きを読む

  • bassman_tubacca

    読者が女性という前提で書かれていました。共感できる部分もあったがそうでない部分もあり…。結局は、お金がないと実行に移すのはなかなか難しい。この手の本は、最後に結局『投資を始めましょう。投資といってもそんなに構えなくていいですよ〜お手軽にできる投信から始めてみましょう!』とくる。そして自分に投資しましょうと。とどのつまり!50過ぎて読む本ではなかった…というのがオチですかね。スミマセン。 続きを読む

  • 伊達酔狂

    ★★★★ 続きを読む

すべてのレビューを読む