発売日 2016年08月12日(金)

最強喰いのダークヒーロー 2

著者名:望 公太(著者) へいろー(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8887-9
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望 公太

イラスト・へいろー

望公太(のぞみこうた)
福島県在住。大学在学中に作家デビュー。
第3回GA文庫大賞・優秀賞、および第5回ノベルジャパン大賞・金賞受賞。
代表作に、テレビアニメ化された『異能バトルは日常系のなかで』(GA文庫)のほか、
『黒き英雄の一撃無双(ワンターンキル! )』(HJ文庫)など。

イラスト:へいろー
『あの神父は、やっぱりクズだった』(HJ文庫)。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 交錯する陰謀と策略

    5.0
    藤崎 紫

    1巻に引き続き,主人公の容赦のない策略が凝縮された作品だった。やることは外道でもやってしまう,でもそれがこの物語の面白みでもある。またこの物語は別の捉え方も存在する。これを書いてしまうとこのお話しの楽しみがなくなってしまいそうなので伏せるが結局は主人公は不器用なのかもしれない。そういう風に感じる作品です。一応学園の選抜が終わり,次巻からは新たな展開になっていきます。すごく楽しみです。

  • 5.0
    アマゾンΔ

    あくまでこの作品の主人公・双士郎は俺YOEEE系です。正攻法な手段で相手を圧倒する事はまずありません。昨今は「最弱」「落ちこぼれ」みたいなキャッチコピーを前面に出しておきながら、その実蓋を開けてみれば特別な力、才能、血筋、武装など持ち合わせていたり最強クラスだったりみたいな作品が多い気がします。本作の主人公は正真正銘の最弱。ソードウォウの試合中、突然何らかの奇跡で特別な力が覚醒したり、パワーのインフレもなく、妨害、乱入、試合のルールの改正もありません。そのルールの中で如何に相手の腹を探り、誘導し、罠にはめるか、が主人公の基本戦術になります。大人たちの裏方業務にも面白さがあります。今巻のメインヒロイン・神峰弓をアイドルとして売り出していた学園側の裏事情、六位のカラクリ等、いかにもシビアなリアリティを描いていました。前巻の時点では「鉄鍋のジャン」みたいな印象がところどころありましたが、違います。この主人公は勝利のためなら自分やチームメイト、敵の心理を利用し、掌握することに長けています。騙された者が楽しめる。バトル物の皮を被ったギャンブル物。王道バトル物のような爽快感を求めるのは場違い。「LIAR GAME」「カイジ」「ワールドトリガー」が好きな方にぜひ読んでもらいたい作品です。次巻は「才能のない俺YOEEE系主人公」と「才能を詰め込まれた俺TUEEE系の敵」の様なので楽しみです。

  • レビュー対象商品: 最強喰いのダークヒーロー 2 (GA文庫) (文庫)

    和麻

    今巻では新ヒロインの神峰さんと序列2位の現崎くんが中心に物語が進んでいきます。正直内容は薄いです。バトルシーンは1巻以上にサラッと終わってしまうので拍子抜けしてしまいます。神峰さんは活躍は少ないですがそれなりに頑張りますが現崎くんはひどいです仲間になったルイに変わって違うタイプの敵として大物感たっぷりで出てきましたがまず見た目がジャンプキャラのようですでに小物感があります。さらに彼のチームのメンバーに至っては序列上位者ばかりですがそろいもそろってそこら辺の不良レベルの器です(挿絵すらないので顔もわからないw)。肝心の戦闘もチーム戦、個人戦と現崎くんと戦いますがどちらも何もせずに彼はやられていきます。あまりにもあっさりと勝負がつくので他の俺tueee作品に比べて爽快感もあまりないです。上記のような内容ですので中二っぽい熱いバトルを期待してる方や濃密なストーリー性を求めてる方は購入を避けたほうがいいです。自分は1巻同様ヒロインの可愛さと主人公の鬼畜ぶりが気に入ってるので個人的には楽しめました、今後も購入予定です。それにしても理事長あんなことしちゃって次巻以降出番あるんですかね?笑

すべての4レビューを表示

  • ナカショー

    ネットから接触してきた女性は男の子じゃないと思った?残念!しかも潰そうとしてた相手でした!計画的ネカマ。今回も主人公の鬼畜外道っぷりが見事に冴え渡ってましたが、流石に今回は敵に同情してしまいます・・・・・・。徹底的に相手潰しにかかってたで・・・・・・。 続きを読む

  • ツバサ

    悪と悪がぶつかったら大悪党が生まれるの法則。1巻から短い間に出たから内容が落ちるんじゃないかと思ったけど杞憂でしたね。勝つ為なら1年前から種を蒔いておく用意周到なところに双士郎の勝ちへの執念を感じました。今回で個人戦、チーム戦を終えたので次から学園外の奴と戦うから楽しみ。今まで通りにいくのか、それとも新たなパターンで行くのか興味深々です。あと、今回仲間になったカミューンの成長も楽しみです。早く続きが読みたい〜。 続きを読む

  • 水無月冬弥

    #ラノベ 2巻になってさらに面白さがアップしていますね、双士郎の策もどれもこれもえげつないですが、学園外の相手でも効果があるのかなあ。パンドラについては推理があたりました。それにしても、リザのダメヒロインぶりも拍車をかけている気がするのは僕の気のせいでしょうか? 続きを読む

すべてのレビューを読む