発売日 2019年08月09日(金)

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 ~好きの対義語は大好き~

著者名:望 公太(著者) ななせめるち(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0199-7
サイズ:
文庫
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・望 公太

イラスト・ななせめるち

●著者=望公太
福島県在住。大学在学中に作家デビュー。
第3回GA文庫大賞・優秀賞、および第5回ノベルジャパン大賞・金賞受賞。
代表作に、テレビアニメ化された『異能バトルは日常系のなかで』(GA文庫)のほか、
『黒き英雄の一撃無双(ワンターンキル! )』(HJ文庫)など。

●イラスト=ななせめるち
サークル「生クリームびより」主催の超人気絵師。
いま最も女子高生を可愛く描けるイラストレーターの1人。

  • よりラブコメ化していちゃいちゃ楽しい話でした

    3.0
    ニア

    3巻で作者さんが書きたいことは書いたとのことで、大きい話というよりは小さい話のまとまりのような巻で、ラブコメの定番のような作りでした。その中で次回に続くように話が動き、終わってはいます。夏休み期間で、モモと織原さんのイチャイチャや織原さんの姉の妃さんの再恋愛、ウラと指宿さんの微笑ましいやりとりなどがありました。どうせなら友人面子をメインにした恋愛ストーリーで一巻がっつり欲しい気もしますが、その辺りの掘り下げをもしやるとしたら、もっと関係が変化した秋とか冬あたりがふさわしいのかもしれません。安定した面白さのシリーズで、気になるところで終わったので、次巻が楽しみです。

  • 4.0
    Amazon Customer

    今回もしっかりと、テーマがあってまとまって入るのですが、大きなイベントがないので少し物足りない感じです。序盤で妃さんのお相手が誰かわかってしまうので巻末の展開も予想できてしまったのが物足りなさに拍車をかけたかなと思う。ただ、次の巻では面白い展開が期待できそうで、速く続きを読みたい気持ちになりました。

  • 年上の女房

    5.0
    コータローマン24

    明るい家族のお話、主人公が高校生とは思えない大人の対応で、年上のヒロインをメロメロにしていきます。こんな彼女が、いい年上の女房になるのでしょうか。

すべての7レビューを表示

  • むっきゅー

    ラスト!これは笑ったわ。イタタタター。...さて今巻は夏休みの後半戦。織原姉に彼氏が出来そうなので、桃くんが相談に乗る話が後々の伏線になる。ラストの落ちに全く気づかず普通に読んでたんだけど、読み終わって振り返ると、シモの相談シーンが痛すぎてなんとも言えない読後感が残った。とにかく、次巻が待ち遠しい終わり方でした。 続きを読む

  • かんけー

    読了(^_^;)冒頭の某社蓄ラノベっぽい姫さんの厚い激迫議論に圧倒される♪しっかり社会人してますな。姫さんと妃さん姉妹の巨○を誇張するのは結構なのだが、ちょっとアンバランス過ぎて不自然さも醸す?ま、いいけどねwウラと咲嬢との絡みが面白く♪ウラのツンデレに苦笑(^_^;)薫と姫さんのイチャコラはもう慣れたwのでソコに妃さんが関わると面倒くさい事に?成る程、物語中盤からラストの事象の伏線は貼られてたのな(^.^)う~ん?次巻がとっても心配で楽しみ(笑)面白かったです(*⌒∇⌒*)♪ 続きを読む

  • よっち

    妹・姫のところに転がり込んだバツイチの姉・妃。アラサー女子のお泊まり会に始まり、さらに初めてのカラオケ、初めての夏祭り、初めての浴衣姿と二人の夏が熱い第四弾。え、またもやあの制服姿…?からの怒涛の展開には思わず笑ってしまいましたが、親友の雪に妃も加わったダメ出しの連続に動揺して迷走&暴走する姫が残念すぎるというか何というか…でも桃田もやっぱり年頃の男の子だったんですね(苦笑)少しずつつ前進している二人はいいとして、前半の伏線が最後の最後で回収されて、さらにややこしいことになりそう?面白くなってきました。 続きを読む

すべてのレビューを読む