発売日 2016年09月28日(水)

「やる気はあるのに動けない」そんな自分を操るコツ

著者名:児玉 光雄(著者) 村上竹尾(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-8915-9
サイズ:
四六/2色
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・児玉 光雄

イラスト・村上竹尾

児玉光雄(こだま・みつお)
1947年、兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部を卒業後、カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)大学院にて工学修士号取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。専門は臨床スポーツ心理学、体育方法学。プロスポーツ選手のメンタルカウンセラーも務めている。スポーツ界各分野のチャンピオンやビジネス界の成功者をさまざまな分野から分析し、ビジネスの能力開発推進にも力を注ぐ。過去15年間にわたり、大企業を中心に年間60~70回のペースで講演を行い、好評を博している。主な著書は、『上達の技術』『マンガでわかる記憶力の鍛え方』『マンガでわかるメンタルトレーニング』(サイエンス・アイ新書)、『最高の自分を引き出すイチロー思考』(知的いきかた文庫)、『イチロー主義』(東邦出版)など。著作は180冊以上。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • やりたいこと、やるべきことが明確なのに動けない人に

    5.0
    ひろし

    今の時代、やりたいこと、やるべきことは明確になりやすいです。類書では、やりたいことを見つけよう、とかやるべきことを細分化しようとかが数多く書かれていますが、上記のことができていても、行動に移らないのが実情。そういった考えに思い当たる人は、おすすめです。

  • 2.0
    amazon user

    私の理解不足だったのかな? 本書は行動出来ない人が行動を起こすための本だと思っていたが、「まずは行動を起こしましょう」と書かれていて「???」となった。矛盾している気がします。車で言えば、エンジンのかけ方を知りたいのに、「まずエンジンをかけましょう」と言われてる様なもの。また、途中で集中力や作業効率の高め方、さらには人間関係にまで脱線しており、また「???」となった。行動を起こすための本なのに、行動を起こした後の事を書かれてもなぁ…?読んでも意味が無いのでそこは飛ばしました。全体的にスポーツやビジネス寄りの内容ですが、掃除やダイエットなど、プライベートにも活用出来る部分もありました。ですが、まあ、個人的には期待外れな内容でした。

  • まあまあ

    3.0
    サリュー

    全てとはいかなくとも、何点かは参考にしてみようか!?という印象。

すべての5レビューを表示

  • ゆき

    「やる気を出す」のではなく、「やる気が出る状況を作り出す」のが大事。ここ最近、その重要性を強く感じています。自分にやる気を出させるのは、自分をその一段階上から眺められる自分であるからでしょう。様々が方法がわかりやすく記載されています。 続きを読む

  • こーこ

    「やる気はあるのに動けない」まさに私のことだ。 手に取らずにはいられない1冊でした。当たり前だけどできていない色々なことを再認識させられた。 続きを読む

  • bookbaby

    ひとりごとを記録する/ガラス瓶に入るイメージ/ゾーンの状況を記録する/目標は110%が一番いい 続きを読む

すべてのレビューを読む