発売日 2017年08月17日(木)

[Si新書]逆境を突破する技術
「折れない心」を科学的に習得する極意

著者名:児玉 光雄(著者) にしかわたく(イラスト)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8917-3
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・児玉 光雄

イラスト・にしかわたく

児玉 光雄(こだま みつお)
1947年、兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒。学生時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にて工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、オリンピック選手のデータ分析に従事。専門は臨床スポーツ心理学、体育方法学。能力開発にも造詣が深く、数多くの脳トレ本を執筆するだけでなく、これまで『進研ゼミ』(ベネッセコーポレーション)、『プレジデント』(プレジデント社)、『日経ビジネスAssocie』(日経BP社)など、多くの受験雑誌やビジネス誌に能力開発に関するコラムを執筆。これらのテーマで、大手上場企業を中心に年間70~80回のペースで講演活動をしている。おもな著書は、ベストセラーになっている『錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考』(楓書店)をはじめ、『本番に強い子に育てるコーチング』(河出書房新社)、『勉強の技術』『マンガでわかるメンタルトレーニング』『上達の技術』(サイエンス・アイ新書)など150冊以上、累計250万部にのぼる。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

Twitter

Unable to load Tweets

逆境を突破する技術"]
  • できなかったことばかり振り返るな

    4.0
    リン

    期待値が高かった分、あまりインパクトは無かったです他のポジティブシンキング本のいいとこ取りなので、いくつか気付きを得られるかもしれません個人的にモチベーションが4系統あるというのは新鮮でした。知っている内容でも、ストレオタイプになってないか、振り返るいい機会です

  • 5.0
    なんちゃって、お遍路くん

     いわゆる『逆境を克服する力』とか『レジリエンス』について書かれた本は、そのポジティブさの押し付け(?)のような印象があって、"元気な時には元気をもらえるのに、元気でない時は残りの元気を吸い取られてしまう"、"たしかに...あなたのような人なら、できますよね。でも..."ような感じになるものが多いように思うのですが、この本はひと味...ふた味くらいはちがいます。 「自己効力感」を高めるための...1)実体験(やってみること)、2)お手本(ロールモデル)、3)励まし、4)ムード(チームワークの雰囲気など)の話しから始まって...レジリエンスの高い人が備えている能力として...1)適応力、2)緩衝力、3)回復力としながら...試験準備をする学生の実験結果に合わせて、『不安』の効用を「その(不安の)対処法を真剣に考えること」としてくれます。ジェットコースターの例を引きながら、「不安は快感の裏返し」ということも示します。こうしたことを積み上げながらの、ここ。図表4-1「ポジティビティ比の自己診断テスト」で...ポジティビティ/ネガティビティ=3が理想的な状態としてくれているところは、私自身の体験感覚にもぴったりきます。 アンガーマネジメントのテクニックとして...「スキップしながら怒ってみる」...などは、想像しただけで笑ってしまいそうそうな、『感情のコントロール』の話しを入れながら、具体的にどうしたらよいのかにも触れてくれます。 Kindle版で購入したのですが、製本されたものを注文しましたが、 こういう本は、気づいたことを書き込みながら読まないと...

  • コンパクトで簡潔、わかりやすいのがいい

    5.0
    拳を握って立つ女

    自己啓発本の類としては良いコンセプト。すぐに使えて、実際使える。自己啓発本は、著者一流・自己流のいわゆる経験則による、人生哲学を開陳するものが多いです。つまり、誰にでも当てはまるような普遍性を備えていない場合が多い。それゆえにキャッチ―でありつつ、一つのブームとして消え去る。自己啓発本市場がガムのように消費されては、新刊が出続ける由来でもありますが。その点において、この本は、一応心理学など実証的なエビデンスを担保されたtipsで構成され、しかも、漫画を交え、わかりやすく簡潔にまとめられています。本を全部読んでもエッセンスは1ページでまとめられる人生哲学本よりも、コスパはいいでしょうし、実用的です。その時のご自分に合ったtipsを選ぶことで、役に立つので、コンパクトですし、カバンに入れて携帯してもいいでしょう。

すべての27レビューを表示

  • 鱒子

    マインドフルネス、レジリエンス、ポジティビティ、アンガーマネジメント、セルフトーク etc… 近年注目のメソッドがてんこ盛り。どこから手をつけようか迷うほど(^◇^;)、とっても具沢山な内容です。逆境にうち勝つ心の持ちようを、技術として紹介する本。まずは一読して、自分の琴線に触れたとこから始めりゃいいか!ーーくらいのスタンスがちょうどいいかも。 続きを読む

  • noritama

    メンタルをどのように整えるか、モチベーションをどのように高め、維持するか。昔ながらの伝統あるポジティブ心理学や臨床スポーツ心理学の話に、マインドフルネスやレジリエンスなどの近年話題のトピックが盛り込まれていました。 続きを読む

  • daidainngo

    ちょうど今人生の逆境に立たされているので読んでみた。逆境を乗り越える方法について科学的に解説されている。①自分の中の悪いものは紙に書くなど表現する。②ネガティブな気持ちを運動で取り除く。③毎日をテキパキ過ごす。以上3つをまずは行いたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む