発売日 2014年11月15日(土)

[Si新書]大人のやりなおし中学数学
論理的思考の基礎が身につく

著者名:益子 雅文(著者) にしかわたく(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6443-9
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・益子 雅文

イラスト・にしかわたく

益子雅文‐Masafumi Mashiko
1977年3月、東京教育大学理学部数学科卒業。1977年4月、学習院中等科数学科教諭。2007年4月から2014年3月まで、学習院中等科教頭を務める。おもな著書は『中学 新Aクラス数学問題集1~3年(3訂版)』(共著、昇龍堂出版、1992年)。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

大人のやりなおし中学数学"]
  • 根性は必要

    4.0
    ぱかり

    いい本です。微妙に心に刺さるキャラも良し。統計をやる必要があって、急遽数学を勉強しましたが助かりました。だけど全ページは読まなかったというか、読めなかった、根性足らずです。

  • 5.0
    英語青年

     全ページカラーで、見やすいし、途中の式、過程なども、キチンと書かれていたのがよかった。

  •  数学の基本をやりなおしてみませんか

    5.0
    スカラベ

     日経新聞の夕刊でサイエンス作家の竹内薫氏が推薦していたので読んでみました。著者の益子先生は30年以上も学習院中等科の教諭をされていたので、その経験をふまえてとても丁寧でわかりやすい内容でした。 具体的な内容は正負の数から始まって、文字式、方程式、因数分解、平方根、関数(一次、二次)、図形(とくにピタゴラスの定理)、円周率、確率(の入り口)へと進みます。カラフルなイラストや図を多く使っての名解説で、前提知識は要りません。 感心したのは、図形のところから「仮定」、「結論」、「証明」、「定義」、「定理」などのことばをちゃんと説明し、その言葉を問題の解答の中で用いることで「論理的な思考」の基礎が身につくように配慮していることです。 数学をもう一度やりなおしたい大人向けの本ということですが、中学生が知識の整理のため復習用に読んだり、あるいは学校で学ぶまえに予習としてひとりで読むこともできると感じました。特に必要最小限の問題が精選されていて、解答も明解に書かれていてあまり負担を感じることなく楽しく勉強できます。 簡単な偉人伝(アーベル、ガロア、ガウス、フェルマーなど)のコラムもあり、さらに進んだ数学の世界への興味もかきたてられます。

すべての3レビューを表示

  • ふろんた

    定理の解説があまりなく、なぜそうなのかという部分が物足りないけど、ロジカルに考えればどんどん解けたので、楽しかった。 続きを読む

  • Takehito Watanabe

    んー、関数の勉強をしようと購入したから、その点は良かったのですが、もう少し掘り下げた本が読みたかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む