サイエンス・アイ新書
[Si新書]コケのふしぎ
[Si新書]コケのふしぎ
なぜコンクリートの隙間や塀に生えるの?原始的な陸上植物といわれるワケは?
サイエンス・アイ新書シリーズ

樋口正信 著
ISBN
978-4-7973-5931-2
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
224
価格
1100円+税
出版日
2013/06/15
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


ギンゴケをきっと見ている踏んでいる


コケは日本人にとってなじみ深い植物の代表格であり、苔庭や園芸など生活から趣味の世界にまで幅広く利用してきた。そこで本書では、コケの基礎知識から見分け方、そしてコケとのじょうずなつきあい方までを、貴重な写真とともに解説していく。

■目次:
第1章 コケとはどういう生き物か
第2章 コケの生き方
第3章 日本の代表的なコケ
第4章 コケを科学する
第5章 コケとヒト
第6章 コケとつきあう
第7章 さらにコケを知るために


樋口正信
1955年、埼玉県生まれ。広島大学大学院博士課程修了。理学博士。国立科学博物館植物研究部グループ長、東京大学大学院理学系研究科教授(併任)、絶滅危惧植物専門第二委員会委員長(日本植物分類学会)、専門は植物分類学。著書に『標本学(共著)』(東海大学出版会)、『新しい植物分類学II(共著)』(講談社)など。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 















企業情報 個人情報について