ノンフィクション(NF)
新訳ブッダ 強く生きる言葉
新訳ブッダ 強く生きる言葉
SB文庫シリーズ

川辺秀美 著
ISBN
978-4-7973-6794-2
サイズ
文庫
ページ数
232
価格
619円+税
出版日
2012/01/18
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


「生きろ。ひたすらシンプルに」


「これからどう生きるべきか?」は、すべてブッダの言葉の中にある!
なぜ苦しみや執着が消えないのか? 欲や憎しみ、怒りはどう克服すればいいのか?
二千数百年年以上受けつがれてきたブッダの言葉には、これら難問への答えが全部見つけられます。

ベストセラー『空海 人生の言葉』(ディスカヴァー刊)、弊社文庫『空海 今を生きる言葉』の著者・川辺秀美氏が贈る、ブッダの言葉の超訳集。

世界三大宗教の一つ、仏教の開祖ブッダ。
その言葉は、あまりにシンプル、かつストレートに"幸せに生きるための方法"を伝えているため、言葉の真意がつかみにくいとされています。
本書では、現存する最古の経典で、あのニーチェにも影響を与えたという『スッタニパータ』から133にわたる珠玉の言葉をセレクト。その「生きるための方法」を、苦しい時代に翻弄される読者のために、わかりやすく解説し、どう活用すればいいのかを、提示しています。

本当にブッダが伝えたかったこと、その解釈を中心に、ブッダの智慧を現代人が無理なく、そしてこころの状態を保ちつつ、いかに「強く生きていく」べきかを解説してゆく一冊です。

在野仏教研究家の著者だからこそ書ける、難しくなく、簡単に読めて、そして実践できる、ブッダの言葉の決定版。
何かに苦しんでいるとき、つまずいたときには、本書が道を開いてくれることでしょう。

【まえがき】
序 章 今、ブッダの言葉から見出せるもの
第1章 独りで歩むということ
第2章 欲にしばられないということ
第3章 慈しむということ
第4章 幸せに生きるということ
第5章 ポジティブに生きるということ
第6章 シンプルに生きるということ
第7章 真実の言葉を使うということ
第8章 群れないということ
第9章 自由であるということ
第10章 捨てるということ
第11章 自分を知るということ
【あとがき】

■著者:川辺秀美(かわべ・ひでみ)
作家。株式会社スカイライター代表取締役。
1968年横浜市生まれ。立教大学文学部ドイツ文学科卒業。高野山大学大学院修士課程密教学中途退学。
就職情報会社、出版社を経て独立。現在は「編集」というコンセプトを社会に還元するために、執筆・出版エージェントを中心に活動している。
仏教と国語力の復興こそが教育の根本と考えている。
主な著作に『心訳 般若心經』(マガジンハウス)、『空海 今を生きる言葉』(小社刊)、『空海 人生の言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、
『仏教プチ入門』(PHP文庫)、『22歳からの国語力』(講談社現代新書)などがある。



ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について