サイエンス・アイ新書
[Si新書]マンガでわかるインコの気持ち
[Si新書]マンガでわかるインコの気持ち
インコの心がだいたい人間と同じってホント?遊んでほしい、かまってほしいときのサインは?
サイエンス・アイ新書シリーズ

細川博昭 著
ISBN
978-4-7973-7076-8
サイズ
新書/フルカラー
ページ数
208
価格
1000円+税
出版日
2013/10/16
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


もう気持ちがわからないとはいわせない!!


イヌ、ネコに次いで人気のあるペットが、インコです。感情そして表情豊かで、飼い主とと心を通わせることができるインコですが、その気持ちを正確につかむのは決して簡単ではありません。この本ではそのテクニックを、マンガでわかりやすく解説していきます。

■目次:
第1章 インコの心は人間に近い
第2章 インコが伝えたい感情
第3章 インコが伝えたい思い
第4章 インコの素顔
第5章 食べたいとき、食べたくないとき
第6章 大事なことをもう少し
第7章 病気のときや歳をとったとき


細川 博昭(ほそかわ ひろあき)
作家。サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。おもな著作に、サイエンス・アイ新書『鳥の脳力を探る』『身近な鳥のふしぎ』『知っておきたい自然エネルギーの基礎知識』や『江戸時代に描かれた鳥たち』(ソフトバンク クリエイティブ)、『大江戸飼い鳥草紙』(吉川弘文館)、『インコの心理がわかる本』『飼い鳥:困った時に読む本』(誠文堂新光社)などがある。支倉槇人名義でも、『ペットは人間をどう見ているのか』(技術評論社)や『眠れぬ江戸の怖い話』(こう書房)などの著作をもつ。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、生き物文化誌学会ほか所属。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について