発売日 2005年01月19日(水)

C++の設計と進化

著者名:Bjarne Stroustrup(著者) 岩谷宏(訳) επιστημη(監修)

¥4,000(税別)

ISBN:
4-7973-2854-1
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
584
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・Bjarne Stroustrup

C++がどのように開発され,どのように進化していったかを生みの親であるStroustrup自らが解説します。
Javaの普及などによってオブジェクト指向プログラミングが当たり前になってきたのはつい最近のことです。原著の刊行は10年前となっていますが,時代がようやく追いついてきたといえると思います。本書をいま改めて刊行することは,オブジェクト指向技術の本質を理解するうえで非常に重要なことと考えます。C/C++,Javaといったプログラム言語を中心に物事を考えがちですが,本質的な哲学はプログラム言語の枠にとらわれません。
すべてのプログラマーに読んでいただきたい良書です。

訳・岩谷宏

監修・επιστημη

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets