発売日 2005年01月19日(水)

C++の設計と進化

著者名:Bjarne Stroustrup(著者) 岩谷宏(訳) επιστημη(監修)

¥4,000(税別)

ISBN:
4-7973-2854-1
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
584
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・Bjarne Stroustrup

訳・岩谷宏

監修・επιστημη

C++がどのように開発され,どのように進化していったかを生みの親であるStroustrup自らが解説します。
Javaの普及などによってオブジェクト指向プログラミングが当たり前になってきたのはつい最近のことです。原著の刊行は10年前となっていますが,時代がようやく追いついてきたといえると思います。本書をいま改めて刊行することは,オブジェクト指向技術の本質を理解するうえで非常に重要なことと考えます。C/C++,Javaといったプログラム言語を中心に物事を考えがちですが,本質的な哲学はプログラム言語の枠にとらわれません。
すべてのプログラマーに読んでいただきたい良書です。

Twitter

  • shibacho

    C++の複雑さは当初の設計思想である「既存のリンカを使える」に起因している部分が多いと感じた。クラスのメンバ関数定義が複数のcppファイルに散らばっていたり、別ファイルで定義が追加された時もプログラマの驚きが少ないように作られている。C++出身の私は1ファイル1クラス的な考え方が普通だと思ってたが、C言語プログラム(Bonanza等)では処理を中心に関数定義ファイルを分けてあったりして文化の違いを感じる。C++はそのようなスタイルもサポートしているのだ。不満点は例外処理に割いているページが少ないことかな。 続きを読む

  • Hiraku

    色々苦しみながら作られてきた言語なのだなあと。歴史を知りたくなった時に。 続きを読む

  • P_tan

    言語の設計思想を解説した本なので、C++である程度プログラミングしてからじゃないと理解できない。全部は読めてないので要再読。 続きを読む

すべてのレビューを読む