発売日 2007年06月18日(月)

ネコ好きが気になる50の疑問
飼い主をどう考えているのか?室内飼いで幸せなのか?

著者名:加藤 由子(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4179-9
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・加藤 由子

Twitter

  • 俺は猫好きだから

    5.0
    ぶん

    この本は最高だ。「ねこはなんでこんなにかわいいのですか?」ていう質問があるとことか最高だ。

  • 5.0
    highlander

    とても参考になって、保存版の本です。猫を飼う前にこれをんでおけばよかった・・・と反省、後悔。

  • 笑ってしまうほどおもしろい

    5.0
    後生畏るべし

    読みやすく、絵が大変かわいらしいです。一番笑ったのが、「夜の集会」。三々五々集まり、何もせずに、三々五々解散する。家では2匹の猫がいますが、本の内容と猫を比べながら、ニンマリしっぱなしでした。こちらが思っているほど奴等は愛情を持っていないかもしれないことがわかり、以前よりも素直に猫と付き合えるようになりました。

すべての10レビューを表示

  • 宇宙猫

    ★★★★ 特に目新しいことはなかったけど、イラストがかわいいし、その部分を読めば内容が殆どわかるという優れもの。 続きを読む

  • 白義

    ネコの習性や身体の仕組みといったサイエンスアイ新書らしい部分から、ペットとしての飼い方まで、まさにネコ好きのための指南書。犬は人と同じ群をなす生き物だが、ネコはどんなに集まっても本質は自分の都合のみの独立生物であり、必要がなければ一生赤ちゃん気分のまま、というのはネコへの人類の憧れの源をよく表している。考えてみれば、ネコは人類に愛玩され、家畜として慣らされた時から、一生を平穏に過ごすための進化を極めたのかもしれない。人間はそれに利用されただけの存在なのかも。そう考えると楽しい 続きを読む

  • ショコラテ

    表紙のにゃんこに一目惚れして借りたのに、手元に来た本にはにゃんこのお顔に所蔵シールがべったり。そりゃないよ図書館員さん…;;左ページが文章、右ページがイラスト漫画という作りで、うんうんと頷けたりクスッと笑えたりと、軽めのユーモア溢れる本書に楽しませていただきました。わんこも熱いもの苦手で「猫舌」なんだけど「我慢して食べる」というのがツボでした(笑)。 続きを読む

すべてのレビューを読む