発売日 2007年10月16日(火)

みんなが知りたい動物園の疑問50
ペンギンの行進はどうやって教えるのか?レッサーパンダはなぜ2本足で立てるのか?

著者名:加藤 由子(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-4234-5
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・加藤 由子

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 動物園は大人にこそ楽しいんだって

    4.0
    絵本が好き☆

    動物園を楽しむためのガイドのような本です。見開き2ページで、左は質問と解説、右側はイラストというのが基本パターンです。イラストも見やすくてわかりやすいです。文章もわかりやすいと思います。ただ、動物園は動物虐待ではないか、と責められたことがあるのか、「そうではない」という論調が多くて、あんまり続くとちょっと疲れます。確かにそういう見方をする人もいるようですが、こういう本を選ぶ人は基本的に動物が好きで、好きだからこそ動物園で働きたいと思うくらいの人が多いと思うので、例えば「動物園だからこそ動物達は安心して寿命を全う出来ると言えるのだ」という論調は、ちょっとそぐわないのではないでしょうか?中身は、結構おもしろいですよ。子どもを動物園に連れて行ってこのウンチクを披露したら「おお〜!」と尊敬されるかも…?大人同士で動物園に行く時も、動物ごとに見所をこの本から探してこだわって見ると楽しいんじゃないでしょうか。最初図書館で借りて読んだけど、自分でも動物好きの子どものために買おうと思いました。ただ、個人的にはこの表紙が好きになれません。著者のリクエストでハシビロコウを真正面から撮ったものだそうですが、全然動かないのでこの写真を撮るのはすごく大変だったそうです。でも、通好みなのかもしれないけど、一般ウケはしないですよね〜?

  • 動物の性質と動物園の役割

    5.0
    palladian

    動物園のどこに魅力を感じるのでしょうか。私自身は、“非日常”が体験出来ることに魅力を感じます。日常とは異なる空間で、日頃、目にすることの出来ない動物を間近で眺められる。動物園に行かないとそのような体験は出来ません。しかし、動物園の役割は人々を楽しませるだけではありません。生体保護や研究の観点からも大切な役割を果たしています。素朴な疑問を解説しながらも、動物園のあるべき姿と役割についても触れられています。読みやすく書かれていますが、内容は奥深いです。

  • 子供も楽しめる本

    4.0
    にゃり

    娘が動物好きなので購入しました。1歳半なのでまだお話しはできませんが、ワンワンなどと言って一緒に読んでいます。カラーでイラストがたくさん載っているので分かりやすいです。

すべての4つのレビューを表示

  • amdd

    パンダの目の黒ぶちは眩しさ対策なのではないかとか、ヤギは1日たった2時間程度しか寝ないとか、色んな事を知れました。しかし、知ってショッキングなことも。多摩動物公園のライオンのオスはパイプカットをされているとか(去勢だとタテガミがなくなってしまうので)、大型の鳥類のほとんどは逃げないように片方の翼を一部切除されているとか。動物園は大好きだけど、人間のエゴによって作られたものなんだなぁと改めて思い知らされました。切ないなぁ。 続きを読む

  • えぬ

    動物園のネタ帳。思ってたより動物園って良いところと感じる。 続きを読む

  • スバル

    10年も前の本だから今は違うといわれてることもあり、研究ってのは進んでいったり間違ってたり、そう思うと感慨深い 続きを読む

すべてのレビューを読む