発売日 2007年10月11日(木)

神曲奏界ポリフォニカ カーディナル・クリムゾン (1)

著者名:原作:榊一郎/ocelot(作) 緋呂河とも(漫画)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-4487-5
サイズ:
2360C8B4-3B58-4A95-9696-2B7C23EE07FC
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

作・原作:榊一郎/ocelot

漫画・緋呂河とも

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • 追加要素が良いですね

    5.0
    鑑定人@寝不足

    ゲーム・小説共に好きだったのでコミック版も購入してみました。結論から申しますと、かなり満足しています。コミックと言うことで、最も気になるのがビジュアル的にどうなのかという点だと思いますが、私は大変気に入りました。特に良いと思ったのが、キャラクターの表情が上手く描かれている点ですね。例えば、フォロンの歌を聴いてペルセとプリネの二人がうっとりしているシーンがあるのですが、同じ「うっとり」でも描写が異なり、二人の性格の違いを見事に表現しています。感情豊かで表情がコロコロ変わるコーティカルテやペルセルテをはじめ、どのキャラも魅力的に描かれています。中でもコーティカルテのツンデレっぷりは大変可愛らしく、本編(ゲーム)以上に豊かな表情を見せてくれます。ストーリーは基本的にゲームと一緒ですが、省けるような箇所は省略しつつ、それとは別にオリジナルのエピソードが色々追加されています。例えば、ゲームの方では文章の中でしか出番がなかったようなクラスメイトや学院の講師が登場し、なかなか新鮮な感じです。コーティカルテに尻に敷かれるフォロンのエピソードも最高。このように、魅力的に描かれたキャラクターや追加エピソードなどが楽しめるコミック版は今後にも期待が持てます。ゲームや小説を体験済みの方も、ぜひ!

  • 無題

    5.0
    アドニス

    感動しました。ポリフォニカはタイトルからして神曲奏界となっているだけに音楽がとても重要です。ですが、この音楽を絵だけで表現するのはとても難しく、正直、どうやってお茶を濁すのだろうかと、そんなヒネた事を考えていました。ですが、P50〜P51の見開きで主人公のフォロンが歌うシーンを見た瞬間思わず感動して泣いてしまいました。完璧です。 絵による表現、文章による表現。 その2つが組み合わさって、世界で最も素晴らしいそんな歌を見せてくれました。マンガの表現で感動させてくれたのはとても久しぶりです。なお、ストーリーの流れはほぼ原作のゲームのままですね。この後、どうアレンジを加えていってくれるか、とても楽しみな作品です。緋呂河とも先生、素晴らしい作品をどうもありがとう!

すべての2つのレビューを表示

  • 謎の男

    ポリフォニカだからとノリで買ったけど1巻しか買ってなかった・・。 続きを読む

  • カッコー

    コーティの可愛らしさをはじめ、原作の雰囲気が上手く表現されていて良かった。神曲をもっと視覚的に表現してほしかった。 続きを読む

  • 発狂奇跡

    ライトノベルの漫画化って失敗してるモノが多いけど、これは成功していた。特殊な世界観もちゃんと魅力的に表現されてるし、なによりコーティがかわいい♪ 続きを読む

すべてのレビューを読む