発売日 2008年02月27日(水)

どうしても片づけられないあなたへ
不要なモノを捨てて豊かに暮らすための簡単な方法

著者名:ピーター・ウォルシュ(著者) 貝塚 泉(訳)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-4493-6
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ピーター・ウォルシュ

訳・貝塚 泉

Twitter

Unable to load Tweets

  • 今一番必要な本です

    5.0
    Yukari

    毎月アメリカ人の友人たちとブッククラブをやっています。この本はアメリカ人の友人が推薦してくれました。私は片付けるのが大の苦手で、私のような粗忽な人間にはなくてはならない本です。今年引越しをするので役に立ちます。

  • 5.0

    身の回りの物を減らそうとチャレンジしている、又はチャレンジしたが思うようにいかなかった人には絶好の書籍です。

  • 思い出のモノを捨てて思い出に浸ろう!

    5.0
    チャンチキチ

     今年に入ってから片付けに集中。この本で打ち止めになるかどうか。本やCDも段ボール3箱分、40キロ近くを売り払い廃品回収で雑誌とかアンダーラインの引かれた本を処分。壊れたパソコン始め家電製品も捨てましたが、問題は「思い出のモノ」。過去の、死んだ自分の遺品だと思って処分中です。年賀状も86年(!)のものとかあったりして。誰のものと問わずに5年以上古いものは全て処分。友だちが貸してくれたCD段ボール1箱、10年以上経つものがあって、いつぞや「今さら返されても困る」って言われてこっちも困ったけど、この本を読んで「悪く思うなよ」と処分。 「物持ちが良くて」と思っているものの、「古くて汚いもの」は買い換えてもいいんじゃないかと思っています。もっとも、家族・同居人がいると簡単にはいきませんがね。この本にもありますが、ある程度の衝突は覚悟。捨てるのはさておき、きれいになるのは納得してくれるはず。 気持ちが鬱になってる時、頑張らなくてもいいから、まずは集中できる何かを見つけてみましょうよ。それには片づけが最適。思い出のモノを捨てて思い出に浸ろう。そうすれば、「反省」せずに「発見」できます。片付けている最中は「片づけ日記」を書くといいです。いつ、段ボールにどれだけ処分したかとか記録していくと、何キロ減量みたいに励みになりますよ!

すべての3レビューを表示

  • 香菜子(かなこ・Kanako)

    どうしても片づけられないあなたへ 不要なモノを捨てて豊かに暮らすための簡単な方法。ピーター・ウォルシュ先生の著書。私は片付けや掃除、整理整頓が大の苦手で、見る人によっては汚部屋住民と言われても仕方がないと自覚しているくらい。一念発起して片付けをしようと思って本書を読んだけれど、まだ片付けに取りかかれていません。恥ずかしい。 続きを読む

  • ごへいもち

    こういう本を次々と読んで片付け体質になっていくっと信じたい。とりあえず明日から(なぜ今日じゃない!)5分整頓+5分ガラクタ始末を始めよう(タイマーとゴミ袋装備のことφ(。。;)) 続きを読む

  • ヨハネス

    著者はオーストラリア生まれはロサンゼルス在住。あちらの家は大きいだろうからガラクタのスケールも大きいですね。冒頭近くのチェックリストによるとあたしの片づけられなさはやや低い方だったので、人様の様子を呆れることを楽しみました。あちらではスクラップ作りが流行なんですね。他のアメリカ本でも出てきました。前書きに「整理整頓はモノとあまり関係ない、自分の望む人生になるよう行動すること」これいいな。「部屋ごとの役割シート」や大掃除作業リストサンプルなど、見るととてもワクワクするのに実行に移さないのはなぜなんだろう・・ 続きを読む

すべてのレビューを読む