発売日 2008年05月19日(月)

時効

著者名:北野 武(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4731-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・北野 武

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • しょーた

    【図書館本】本書の巻末に収録された太田光のあとがきが素晴らしい、と千原ジュニアが言っていたので予約してみた。しかし、借りたハード版にはあとがきが載っておらず、文庫版のみに収録されているらしかったので残念。図書館にも文庫版はなかったので、いつか見つけたら読みたい!本来の目的は果たせなかったものの、北野武の考え方から新たな物事の見方を教わった気がした。特にお金や老いについて語った章は、自分の考え方に新たな一面を加えてくれるものとなった。また、ラジオの章で、浅草の脇道に出現するオヤジの話しには吹き出して笑った。 続きを読む

  • 山田太郎

    ラジオが一番面白かった。オールナイトは最高だった。 続きを読む

  • よし

    たけしの本音が聞ける、真摯なたけしを見た。ラジオ、お金、クルマ、アメリカ、受験、コンピュータ、老いについて語る。すべて、子供時代からの半生に基ずいた等身大のたけしがいる。ある意味凄い人生論。特に「老いを語る」がいい。「すげえじじいがいたもんだ、といわれる快感を。」みたいな❗ 続きを読む

すべてのレビューを読む